香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ある決意

f:id:shusaku1:20190522000640j:plain

 

昨日は香港から山梨の甲府まで、長い移動の旅だった。

 

朝8時に香港の家を出て、啓徳空港から成田へ飛び、

 

そこからバスに乗り換え、甲府へと向かった。

 

甲府からローカル線に揺られ、降りた無人駅から、

 

一台だけ停まっていたタクシーで宿へ…。

 

こうして、街に一軒だけある古い旅館に入ると、

 

従業員はすでに帰宅し、フロントに鍵だけ置いてあった。

 

地方の温泉旅館独特の、漆喰と古い畳の匂い。

 

なんだか、昭和を想いだす。

 

部屋で一息ついた時は、夜の10時を過ぎていた。

 

f:id:shusaku1:20190522000634j:plain

 

長い長い移動中、僕は、

 

ひとつひとつの現実(僕の場合は会社がメイン)を、

 

一つの妥協も無く赦していく、と、堅く決心していた。

 

一寸の取りこぼしも見逃すことなく、自我は無であり、

 

自分は自我ではない、ときっぱり否定してゆくのだ。

 

 

同僚にイラッとくるとき、チョー緊張する会議の場で、

 

又は、電車で見かけた人や明日の事を考えている自分、

 

事がうまく行ってホッとしている自分、などなど、

 

それら一刻一刻のシーンにコ―スの概念を適用し、

 

これは自分でもなければ本当でもない、と宣言してゆく。

 

 

これまでだって、実践はやってきた。

 

しかし、どこかまだ、世界に没入していたい自分がいて、

 

どんなシーンにも警戒する、とは言い難かった。

 

でももうこんな中途半端な赦しをしていても仕方がない。

 

少しでも離れていたら、それはもう自我を選んでいる。

 

で、〝決断の主体から見えている世界〟を守る為だけに

 

警戒してゆこう、と思った。

 

 

こうなるともう、会社で仕事をする事がメインではなく、

 

また、日常生活を潤滑に送ることが目的ではなく、

 

仕事を通してコースを生きること、また、24時間、

 

コースそのものとして在ることが最優先事項となる。

 

f:id:shusaku1:20190427123458j:plain

 

閑話休題。

 

さっき、自我を否定してゆくと書いたが、

 

やはり重要となってくるのは、

 

聖霊を選ぶ、でもなければ、自我を選ばない、でもなく

 

世界(自我)は〝無〟だ、という完璧な否定である。

 

 

しかしまた、これにはかなりの覚悟が伴う。

 

本気でこれをやり始めると、自我が黙っていないからだ。

 

経験済みの僕が言うのであるが、僕の場合、

 

それはもう、巨大な虚無となって襲いかかってくる。

 

テレビで楽しい番組を見ているだけでも苦しく、

 

やるせない思いに締め付けられるのだ。

 

 

これって、かなりマニアックで、ドン引きな道だ、

 

自分でも思う。

 

この夢の世界で、幸せな愛と調和の毎日を送りたい、

 

と望んでいる、よい子の皆さんには、

 

決して、決しておススメしない。

 

真似すると、どえらいことになるよ!

 

(↑ しねーよっ! from 読者)

 

 

そもそも、コースは準備と覚悟ができていなければ、

 

真に学んでゆくのは不可能だ、と、

 

ここへ来て悟った次第である。

 

 

それでもいい。

 

だって、もう後へは戻れないし、引き返すつもりもない。

 

なぜなら、本当の平安に気づいてしまったから…。

 

手に入れたと思ったら取り上げられるような、

 

そんなニセモノの平安など、もう要らないのだ。

 

 

こうして深夜、J兄貴を感じながら、

 

人気のない、ひなびた温泉に浸かっている僕であった。