香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦すために働く

f:id:shusaku1:20190522233939j:plain

 

〝聖霊が顕現されて見出される神殿というのは、

 

 関わり合いの中にあります〟

 

 

『奇跡の原理』の原理20に出てくる言葉が深く入る。

 

あらゆる人々との関係の目的を、

 

自我の罪悪感から、Jの赦しへと移行させることで、

 

聖霊がここにいることが、分かるようになるというのだ。

 

 

肉体ではなく、心の中(背後)から兄弟に繋がる為には、

 

常に、決断の主体から世界を眺めることが必要となる。

 

その位置から再び出てしまわないために、

 

あらゆるシーンで聖霊兄貴を想いだし、警戒してゆく。

 

f:id:shusaku1:20190522233902j:plain

↑ 夜の無人駅 

 

今週火曜は、甲府本社で終日会議だった。

 

午前中は部門長会議があり、午後からは、

 

香港支社の来期(7月~)予算策定会議に参加した。

 

 

こう見えて、僕は、

 

大勢の人の前で何かを発表することが大の苦手である。

 

大勢の前で誰かからツッコまれることに、

 

多大な恐怖を感じてしまうのだ。

 

冷静に考えれば、普通に答えられることでも、

 

ツッコまれたその瞬間は、攻撃されているという恐怖に、

 

あたふたしてしまうのである。

 

;実際には誰も何とも思っていないのだが、本人は、

 

恥をかかされた、プライドがずたずたにされた、

 

と妄想して、心の中がぐじゅぐじゅ状態となってしまう。

 

 

部門長会議が始まった。

 

あいにく、香港支社の発表は一番最後だ。

 

僕はびゅんびゅんしんがら順番を待っていた。

 

しかし、僕はもう、妥協なく赦すと決心していたので、

 

順番を待つ間も、J兄貴を想いだしつつ、

 

神の子が無いものを見て動揺するのはあり得ない、

 

と宣言しながら、びゅんびゅんを兄貴に運び続けていた。

 

 

このとき、メインとなるのは、

 

会議で自分が事無きを得ることではなく、

 

どんなびゅんびゅんの最中であっても、

 

J兄貴を想いだし、そのびゅんびゅんを、

 

これは自我であり、故に無だ、と、直視していることだ。

 

もう、会議の内容が云々よりも、観る事だけに集中した。

 

 

そもそも、兄弟たちは自分に対して何も為さなかった。

 

故に、自分は、

 

兄弟が何も行なわなかったことを赦すだけである。

 

全て自分自身の心の中だけでやっていることに気づく。

 

 

そうやって〝無意識没入状態〟に警戒しながら、

 

いま、この瞬間瞬間を過ごした。

 

まあ、いつもそうなのだが、心の中の動揺とは裏腹に、

 

会議は滞りなく進み、あっけなく終わった。

 

そうして夜、社長やその他幾人かで食事に行き、

 

なぜか、昔の80年代アイドルの話で盛り上がった。

 

f:id:shusaku1:20190522233909j:plain

↑ 田舎の旅館の温泉で… 

 

こんなとき、以前の僕であれば、解放された気安さで、

 

J兄貴のことなど忘れ、はちゃけてしまうのだが、

 

もうどんな一瞬も、J兄貴は自分の心の中に生きている

 

ことを自覚し、心側から兄弟とつながる、

 

という確固とした意志を持ちながら過ごした。

 

それはもう、

 

一瞬たりともJを忘れない、という宣言でもある。

 

 

f:id:shusaku1:20190522234113j:plain

↑ ドーミーインは朝食がすごい! 

 

とまあ、そんなこんなで、東京へ戻ってきた。

 

今回は、八丁堀ドーミーインに泊まった。

 

ここには、硬度ゼロの超軟水温泉がある。

 

この湯に浸かると、皮膚も髪も、さっらさらになるのだ。

 

夜には、無料の夜鳴きそばも出るし、

 

フロントのコーヒーも飲み放題である。

 

それに、何と言っても朝食がすごすぎる。

 

ビュッフェ形式で、

 

和食コーナーと洋食コーナーがあるのだが、

 

両方はとても食べられず、今回は和食にした。

 

これで、一泊9800円なんて、コスパ良すぎ!

 

f:id:shusaku1:20190522233949j:plain

 

あくる日は、新会社設立一周年記念式典に出席した。

 

メインは甲府本社で行われるのだが、僕は午後の便で

 

香港へ戻るので、東京支社からZOOMで参加した。

 

くす玉割りもあり、記念の紅白まんじゅうももらった。

 

こういうとこ、うちの会社はかなり日本的である。

 

財務だから知っているのだが、新会社の業績も好調だ。

 

 

帰りの飛行機は、久々のイケイケキャセイ便だった。

 

氷河の流れのように優雅なJALのCAさんとは裏腹に、

 

まるで流星の如く、シャカシャカ動くキャセイのCAさん。

 

映画を観ながら、赤、白、赤、白、とワインをおかわりし、

 

映画の後は、奇跡の原理を読んですごした。

 

 

ワプニック兄貴、さすが、年季が入っているだけあり、

 

やはり昔の人は表現が上手い。

 

 というわけで、ほろ酔い気分で香港に着いたボクであった。