香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

謎の香港あるある

f:id:shusaku1:20190527000558j:plain

↑ これが今の僕の心の中

 

日曜日は人が多いので滅多に外出しないのだが、

 

ベッドのシーツが古くなって擦り切れてきているので、

 

新しいのを購入しておいてくれ、とチョイ姐に言われ、

 

コーズウェイベイにある 香港そごう にやって来た。

 

案の定、店内は大陸からの爆買客でごった返していた。

 

ちょっと失礼な表現かもしれないが、

 

イナゴの大集団が、突如、稲田に押し寄せ、

 

稲穂を全て食い漁って去って行く感じ…。

 

 

それから、最近、とみによく見かけるようになったのが、

 

お父さんと高校生くらいの息子が手を繋いで歩く光景だ。

 

父親と息子が、腰に手を回して歩いているのもよく見る。

 

最初はゲイのカップルかと勘違いしたりしていたが、

 

不思議なことに、息子と母親、娘と父親、娘と母親、

 

〝イチャついている〟場面は見かけない。

 

なぜか必ず、父と息子、なのだ。

 

ほんと、奇妙な〝香港あるある〟である。

 

f:id:shusaku1:20190527000606j:plain

↑ 今日はこんな恋人つなぎの親子を3組見かけた。 

   これもむき出しになった僕の心の中だ。ひっ!

 

シーツを買った後、自主トレをしにジムへ向かった。

 

トレーナーが格闘技の試合で日本へ帰国しているので、

 

その間トレができなくなる、ということで、

 

自主トレで事前に指示されたメニューをこなすためだ。

 

トレッドミルで30分走り、ダンベルプレスをした後、

 

120キロのバーベルを担ぎ、スクワットをした。

 

 

こうして、聖霊兄貴を常に思い出しながら、

 

普通に日常生活を送り、その中で湧き起こってくる、

 

様々な想いをみつめてゆく。

 

 

一体何のために、こんな赦しをしているのか、

 

と、ふと思ったりする。

 

それはきっと、

 

この世界とは全く関係のない〝歓び(悦)〟のためだ。

 

 

大好きな人と愛し合う歓び、成功のエクスタシー、

 

大切な人や物や環境に囲まれて過ごす幸せ、または、

 

あらゆる刺激的な体験からくる快楽、そして、

 

美味しいものを食べたり楽しい至福のひと時を過ごす、

 

といった、五感からくる歓びとは完全に無関係な悦び。

 

その天国(ハート)の悦びは、不変であり、永遠である。

 

 

ただ、誤解を避けるために言っておくならば、

 

その神の歓びを得るために赦しを実践するのではない。

 

何かを得ようとするのは肉体の自分であり自我である。

 

神の歓びは、肉体の自分(自己概念B)には属さない。

 

要するに、

 

自分の本質は神の子のエクスタシーそのものであり、

 

それはもう、初めからここに在ったことを智るために、

 

世界を赦してゆくのだ。

 

f:id:shusaku1:20190527000552j:plain

 

僕は、このブログでも、今日はこんなことした、と、

 

日常的な出来事についてあれこれ書いたりするが、

 

まあ中には、日常を語ったり、世間話をすることで、

 

幻想の世界を実存させていることになる、

 

と教える教師もいるが、僕の場合、

 

このブログは、実践の記録として書いているので、

 

気づいた後の美しい言葉だけを綴っていると、

 

そのとき、その時代に、自分はどんな状況にいて、

 

何を考えていたのかがわからなくなるので、

 

できるだけ、その当時、自分がしていたことを、

 

具体的に書くようにしている。

 

また、日常は、

 

自分が心の中で何をしているかを見せてくれる

 

大切な投影の場でもある。

 

だから、僕の場合、日常を語らないと、

 

日常の中に隠された、実相に戻りたくない思い、

 

〝神から離れた劇場〟の一つ一つをどうやって赦したか、

 

が、後々わからなくなってしまうのだ。

 

 

ということで、ジムを終え、家に着いた時には、

 

人酔いで、めまいを起こしたボクであった。