香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

母菩薩

f:id:shusaku1:20190531223615j:plain

↑ 今日のフィリピンの気温は42℃。

 

フィリピンへ行っていて、さっき戻ってきた。

 

6月は、

 

深圳→杭州→佛山→広州→東京→大阪→フィリピン

 

ときどき上海、沖縄、で、月末には引越し、とまるで、

 

売れっ子芸人のような超ハードスケジュールとなる。

 

10年前ならいろんな所へ行けてワクワクしてただろうが

 

老体に鞭打つ今は、もうただただ家でお籠りしていたい。

 

それでも、こんなハードスケジュールだからこそ、

 

今にいて、兄貴と共に一瞬一瞬を大切に直視していきたい。

 

f:id:shusaku1:20190531223630j:plain

 

閑話休題。

 

子供を持たない僕が言うのもナンなのだが、

 

お母さんが我が子に対する〝無条件の愛〟は、

 

エゴの思考体系で観るか、聖霊の思考体系で観るかで、

 

まったく違ったものになる、と思う。

 

 

自分が腹を痛めて産んだ子供は、

 

誰よりも愛おしく、特別で重要な存在である。

 

これはもう、個体を維持する為に必要な〝本能〟であり、

 

この母性によって人類は存続してこれた、

 

と言っても過言ではない。

 

 

これを、自我の思考体系を通して観ると、

 

母性は、自分で獲得したものを所有する、という、

 

混沌の法則の最たるものだと言える。

 

 

例えば、かけがえのない大切な〝自分の〟子供が、

 

病気や、理不尽な理由で死亡したりすれば、

 

怒り、悲しみ、後悔など、絶望の淵でもがき苦しむが、

 

もしこれが、隣の家の子に起きたことなら、

 

この悲しい出来事に胸を痛めはするが、その一方で、

 

自分の子供でなくてよかったと安堵していたりもする。

 

たとえ、不幸に遭った母親を心から励まし、

 

何らかの力になろうとしていたとしても、

 

その心の奥を、ようくようく見てゆくと、

 

「もし、これが我が子に起きたことだったら…。」

 

という心理の裏返しで同情していることが分かる。

 

要するに、それだけ自分の子は特別だということなのだ。

 

 

子供を造る、という、この世界では何よりも尊く、

 

神聖で愛の行為とされるものが、本当は、

 

自我の世界を存続させる為の根本的信念となっている。

 

f:id:shusaku1:20190531223626j:plain

↑ 半端ない炎天下で作業をする人たち。脱帽。
 

だが、これを聖霊の思考体系から観てみると、

 

母性は、我が子の為なら自分の命も惜しまない、

 

という無条件の愛からきている、と捉えられる。

 

そして、それは、

 

父(神)が僕たちに抱いている愛と同質のものだ。

 

 

どういうことかというと、

 

あるお母さんに二人の息子がいるとする。

 

一人は母親想いの、思いやりのあるよい子で、

 

家計を支えるため、一生懸命働いてくれる。

 

もう一人は、ニートで、毎日母親に金をせびり、

 

家庭内暴力を振るって暴れ回るようなドラ息子だ。

 

ある時、悪魔がやってきて、

 

どちらか一人を地獄へ連れて行くから選ぶように、

 

と母親に迫った。

 

だが母親は、即座に、

 

どちらも選べないので、自分が地獄へ行く、と答える。

 

 

このとき、母親の中で二人の息子は同等である。

 

二人の息子が品行方正であっても、殺人犯であっても、

 

母親の中では、最愛の我が子であり、無罪である。

 

きっと、神が僕たちを見ている眼差しも、

 

これと同じなのだ。

 

 

夢の世界では、どんなに罪深く見えている兄弟も、

 

神にとっては、等しく大好きな我が子たちなのだ。

 

なので、自分の命を引き換えにしてでも、

 

という、我が子に対する無条件の愛が、実は、

 

神が僕たち(神の子)に対して抱いている無条件の愛と、

 

同質のものであると自覚すること、また、

 

その愛を、あらゆる夢の場面、

 

自分の子供と他人の子供の間に適応させてゆくこと、

 

そうすることで、

 

自分の子供(だけ)に感じていた無条件の愛が、

 

全ての兄弟の中へと延長されてゆくことになる。

 

それが、神(父)が子に感じている愛の反映となる。

 

 

〝うちの子でなくてよかった。〟

 

〝長男のあの子に比べて次男は…。〟

 

〝なんで、こんな子に…。〟

 

という想いが出てきた時、心の中をじっと直視しながら、

 

自分は我が子を殺したいだろうか、と問うてみる。

 

子を持つお母さんはきっと、僕なんかよりずっと、

 

我が子に対する無条件の神の愛が理解できるはずである。

 

  

イエス、ブッタ、デイヴィッド、あやこさん、パパジ、等、

 

幻想を終えて行こうとする人はみんな子供を持たない、

 

という事実に、最後の生では子供を持たない方がよい、

 

と思いこんでいた自分がいたが、

 

いまでは、どっちでも同じだ、と感じている。

 

決断の主体に戻れば、みんなひとつの心なのだし、

 

どうせ、最後はみんな終わる。

 

 

ただ、

 

「決断の主体の位置から観れば、

 

 子供がいようが、いまいが、そんなの幻想なんだし、

 

 関係ないよ…。」

 

という視点から出発してはいけない、とは思っている。

 

僕たちは、そこへたどり着くまでに、

 

まだまだ、いろんな自我の思い込みを隠している。

 

そこをひとつひとつ見つめ、聴きとめてゆくことが、

 

何よりも赦しの優先事項となる。

 

 

というわけで、明日は土曜日。

 

セントラルのジムでトレーナーと筋トレをした後、

 

ミッドレベルのカフェで白ワインを飲みながら、

 

久々に創作をしようと思っている。

 

怒涛の6月に向け、鋭気を養うのだ!