香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

罪悪の夢

f:id:shusaku1:20190622000155j:plain

↑ 外国暮らしのボクにはこういう朝食がたまらない 

 

世界が夢であることを赦す。夢を夢として観る。

 

いま、ここからの実践をしている。

 

何かが起きているように見えるひとつひとつの映像や、

 

また、その映像に反応して湧き起こる様々な感情は、

 

寝ている時に見る夢とまったく同じカラクリで起きており、

 

目を醒ますと、それは夢で、何も起こってはいなかった、

 

と、解かる位置から、夢の世界を見つめ、赦してゆく。

 

 

そのようにして、夢の世界を眺めていると、

 

ここで、仕事をしたり、生活をしている肉体の自分も、

 

夢に含まれる登場人物のひとりであり、

 

〝夢を見ている者〟ではないことが分かる。

 

 

夜見る夢の中にいる自分の特徴と言えば、

 

・架空の夢の設定を完全に信じている

 

・ベッドで眠っている自分の存在を完全に忘れている

 

・自分が今、夢の中にいることを理解していない

 

・自分の肉体や顔を見ることができない

 

などだが、これは朝目覚めて、

 

日常生活をしている時の自分にも当てはまる。

 

 

これは罪悪の夢である。

 

不幸になるよう意図された世界では必ず失敗する。

 

なので、この夢の世界から解放されるには、

 

自分がここにはいない、と認識する以外にない。

 

 

もし、旦那と大喧嘩している最中に目を醒ましたら?

 

恐怖の真っ最中に、はっ、とベッドの上で飛び起きたら?

 

逆に、成功の頂点で、それ夢でした、と目を開けたら?

 

それは全部、脳が造りだした幻影でした、となったら?

 

笑って赦すしかない。

 

 

この世界はウソなんだ、と確認する為に夢の現実を使う。

 

そして、その夢を目撃する場所にいる兄貴に委ねる。

 

f:id:shusaku1:20190622000205j:plain

 

というわけで、今日、東京から戻ってきた。

 

今回も八丁堀のドーミーに泊まった。

 

超軟水の温泉に浸かり、夜食の夜鳴きそばを食べる。

 

お茶やコーヒーも飲み放題だし、周囲はコンビニだらけ。

 

夜、ワインを飲みつつフリースペースで書き物もできる。

 

小さいながら、ホテルの中だけで全てが完結するので、

 

お籠り体質の僕には本当にありがたい。

 

 

あくる日は、終日、東京支社で管理本部の会議だった。

 

管理本部と言っても、元コンババ部長と、経理の女性、

 

甲府本社の総務の女性にI.Tの人、そして僕の6人だ。

 

その間も、自分が造って観ている夢の設定を赦した。

 

設定を明け渡した後のことは全て兄貴に任せる。

 

 

こうして、ようやく、ここは夢で何も起きていない、

 

という真実をブレなく深く受け入れられるようになった。

 

 

明日土曜日は、ヤマト運輸が断舎離用の段ボールを

 

届けてくれることになっている。

 

もう、夢の世界のガラクタを、

 

捨てて、捨てて、捨てまくるのだ!

  

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com