香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の裏返し

f:id:shusaku1:20190702023134j:plain

⇑ みんなデモの時は黒い服を着る

 


今日は返還記念日の祝日で香港はお休みだった。

 

僕はと言えば、

 

スーパーで安売りしてたカットフルーツに当たり、

 

連休中ずっと下痢をしていた。

 

お腹は、グルグルとピーピーの中間くらいの緩さで、

 

何かを食べると30分くらいして、シャーッと来る。

 

 

それでも、連休三日目の今日、午後になって、

 

食料の買い出しをしようと、街へ出てみれば、

 

な、なんと、通りに人が歩いていない。

 

祭日なのに、ショッピングモールもガラガラだ。

 

一瞬、アセンションでもしてしまったのか、と思った。

 

ああ、そうか。みんなデモに参加しているのだ。

 

そうこうしているうちに、僕のお腹がピーピー鳴り始め、

 

急いで買い物を終えると、家路を急いだ。

 

f:id:shusaku1:20190702023158j:plain

 

夜、ニュースを見れば、今日のデモの参加者は、

 

国営テレビの発表では55万人らしいが、

 

民間測量団体のカウントでは200万人で、

 

過去最高なのだという。

 

香港の人口が700万人だから、3.5人に一人が、

 

デモに参加したことになる。

 

まあ、通りから人がいなくなるくらいだから、

 

僕の感覚的には、200万人が正しいのだと思う。

 

結果、デモは夜の10時まで続き、

 

逃犯条例の完全撤回と、行政長官の辞任を求め、

 

人々は立法局を占拠するに至った。

 

f:id:shusaku1:20190702023308j:plain

⇑ 下台 とは引退のこと 

 

前回の記事で〝同じ〟ということについて書いたが、

 

愛と恐れも同じものなのだ、と今回のデモを見て感じた。

 

 

愛を求める懇請、とか、難しい言葉を使ってはいるが、

 

早い話がこれは、小学生男子のスカートめくりのように、

 

好きな女の子が嫌がるような行為を敢えてすることで

 

相手の気を惹こうとする〝好きの裏返し〟と同じだ。

 

それはまた、父に対する〝愛の裏返し〟でもある。

 

 

一見、映像的には、外の世界にいる誰かが、

 

愛を求めて叫んだり攻撃したりしているように見えるが、

 

本当は、全部、自分の心の中で起きており、

 

デモも僕の心の中で起きている。

 

僕たちはいまだ、スカートめくりを止められないのだ。

 

 

聖霊兄貴を通し、

 

愛の裏返しを赦すことで、愛の裏返しを裏返す。

 

そうやって、ストレートに父の愛を思い出してゆくのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com