香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ひゅんひゅん

f:id:shusaku1:20190710235838j:plain

 

火曜の夜、シャワーを浴びようと、

 

給湯器のスイッチを押すが、全く反応しない。

 

温度も表示されないし、もちろん、お湯なんか出ない。

 

早速大家さんに言って、ガス会社へ連絡してもらうと、

 

修理は最速でも金曜の午後になるという。

 

仕方がないので、今日から数日、仕事終わりに、

 

ジムでシャワーを浴びてから帰宅することになった。

 

せっかくなので、ついでに筋トレもして帰る。

 

平日夜のジムは混みに混みまくっていて

 

使えるマシンなんかほとんどない。

 

仕方ないので腹筋とかマシンで走ったりして過ごす。

 

金曜日に給湯器の修理が完了しなければ、

 

僕のジム通いはさらに延長されるだろう。

 

ジムがアパートのすぐ近くにあって本当に助かったよ

 

f:id:shusaku1:20190710235858j:plain

 

というわけで、どんどんハートへ戻って行っている。

 

一瞬立ち止まり、脳の解釈を止め、沈黙する。

 

すると、みぞおちの奥から、

 

ハート(神の気持ち)がじんわりと拡がってくる。

 

大好き、と、愛してる、と、嬉しいが入り混じった感じ。

 

そうやって、常にみぞおちの〝そこ〟にいると、

 

通りの木々や、同僚の声や、世界のあらゆるものが、

 

ハートの中に在るように感じられてくる。

 

自分がいま体験していることが父の想いであり、

 

ハートそのものだったと分かる。

 

今日、元コンババ部長と電話で話していたとき、ふと、

 

相手の声が、自分が発した声のように聞こえ、驚いた。

 

f:id:shusaku1:20190710235853j:plain

 

目を通して見たもの、耳を通して聴いたもの、

 

舌で味わったもの、匂いで嗅ぎ取ったもの、

 

人種や美醜など、相手の顔の造りで判断されるもの、

 

または、相手の表情から受け取られる感情、など、

 

神を思い出させないために脳が解釈を行なっている。

 

そして罪悪感は、常に首から上を通ってやってくる。

 

なので、もし、ハートへ向かうコツがあるとするならば、

 

首から上ではなく、首から下(ハート)で思考することだ。

 

要するに、

 

神無しでは、僕達は夢すらも見れないということである。

 

f:id:shusaku1:20190710235844j:plain

f:id:shusaku1:20190710235909j:plain

 

ジムでシャワーを浴びて帰宅してみると、

 

部屋がきちんと整えられていた。

 

靴は磨かれ、 ワイシャツにはアイロンがかかっている。

 

水やワインやティッシュなども買い足されてあった。

 

チョイ姐が来て掃除してくれたのだ。

 

 

チョイ姐に掃除や洗濯や買い物をお願いして、

 

かれこれ16年になる。

 

福建省の人で、旦那の暴力に耐えかね、離婚をし、

 

香港で新しい旦那を見つけ、今に至る。

 

ある意味、僕のプライベートを最も知る人かもしれない。

 

f:id:shusaku1:20190710235903j:plain

 

窓からハッピーバレーの競馬場が一望できる。

 

疾走する馬を眺めていると、形容しがたい感謝と歓びが、

 

みぞおちの辺りで渦を巻いているのを感じた。

 

 

もう、直接神を感じていいんだ、と思ったら、悦びで、

 

ひゅんひゅん(びゅんびゅんではない)が止まらなくなった。