香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

朝起きたら…

f:id:shusaku1:20190714184905j:plain

 

〝 ♫ 朝起きたら~、男の態度が変わってたあ~ ♪

 

 お暇な時があったらまた来てくださいと言ったら

 

 多分わたしは一生忙しいでしょう、と言われた♬〟

 

 

昔『朝起きたら』という曲がヒットしていたが、

 

今の僕も、朝起きたら、自分の中に神がいた、

 

という、その衝撃と、感動と、安堵の中、

 

ハートが愛と悦びと感謝で〝ヒンヒン〟して、

 

定期的に、わっ、と、涙が込み上げてくる毎日である。

 

(もう〝キュンキュン〟どころではない。ヒンヒンである。)

 

 

父は、ずっと僕と一緒にいた。

 

〝解釈〟だけが唯一にして最大の問題だったのだ、

 

と、心底理解して振り向いたら、そこに父が立っていた。

 

 

神がいるのなら、私が抱えるこの問題も解決されるのか

 

という〝疑いの解釈〟だけが問題だった、と気づくこと、

 

自分はいつも、神と一緒にいたので、自分はいつも

 

〝この夢の中〟にはいなかった、と知ること、

 

それが、神に気づくためには決定的に重要だと思う。

 

 

僕の場合、みぞおちの奥の辺りにハートを感じていて、

 

そこから神(父)に触れていく感じ。

 

ただ、ハート全開、神の想念100%でいってしまうと、

 

日常でも〝イッちゃった人〟になってしまうので、

 

普段は、天城越え寸止め状態で過ごしている。

 

f:id:shusaku1:20190708003655j:plain

 

 

常に神と一緒であることを感じていて変わったことは、

 

何と言っても、世界に対する見え方だ。

 

自分と兄弟は全く同じものだ、と100%知っているので、

 

〝神だ〟というひとつの解釈でしか兄弟を観れない。

 

これはもう、本当にそういう風にしか見れない。

 

自分に接するように兄弟と接していると、

 

俗な言い方をすれば、兄弟にとても優しくなった(笑)。

 

 

たとえ、不快感や、動揺や、怒り、を感じたとしても、

 

これっておかしいぞ、と気づいて立ち止まり、

 

はちみつを舐めた時に感じる形容できない不変の理解、

 

(ハートの体験)の中へ入ってゆくと、

 

やっぱり最後は〝神だ〟となる。

 

要するに、もう、神しかいないのだ!

 

f:id:shusaku1:20190708003705j:plain

 

そういうわけで、

 

新しいアパートへ越してから、生活を楽しんでいる。

 

部屋も大好きだし、職場までの道のりも楽しい。

 

何より、見えるもの、聞こえるもの全てに神を観る。

 

 

しかし、これもまた、うまく伝えられないのだが、

 

見えるもの、聞こえるものが神なのではない。

 

なんていうか、神が反映されたものを見ている。

 

神も自分もこの夢の世界にはいないからこそ、

 

歓びそのものなのだ。