香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

解釈のその先へ…

f:id:shusaku1:20190724222322j:plain

⇑ サクランボをつまみつつ、よく冷えた白ワインを飲む。

    これが今のトレンドらしい。(⇚ ウソ)

 

僕たちは、日々、見えている世界に様々な解釈を与え、

 

常にハートを〝びゅんびゅん〟させまくっているわけだが

 

それはつまり、純粋なハート(神の歓びの想念)の上に、

 

自分の解釈をのっけて世界を見ているがために、

 

全てが〝びゅんびゅん〟に感じられてしまうのである。

 

 

毎回の赦しの場面において、そのことを思い出し、

 

自分の解釈を取り下げようとする意志を持てたとき、

 

僕たちは、神を神として感じることになる。

 

 

どういうことかというと、例えば、

 

Aさんは、貸したお金を返してくれないので腹が立つ、

 

というとき、本当は神に腹を立てているのである。

 

また、Bさんは、私をいつも馬鹿にするので嫌いだ、

 

というとき、本当に嫌っているのは神なのである。

 

 

なので、無数の解釈を別々の解釈で観るのではなく、

 

全てが〝神〟という、ひとつの同じ解釈で見て、

 

それらの歪んだ解釈を一度にぱっと取り下げたとき、

 

〝お父さん〟がわっとやってくる。

 

f:id:shusaku1:20190708003750j:plain

⇑  酸っぱいもの屋。あらゆる酸っぱいものを売る。 

 

解釈に気づくことは、神に気づくことであり、

 

そうやって神を発見すると、

 

コップや、道行く人や、家族の中に神が反映され、

 

何を見ても等しく 「神だぁーっ!」 となる。

 

そして、その神の想いを感じる場所がハートである。

 

f:id:shusaku1:20190714184910j:plain

  

お金が無い、と不安でびゅんびゅんしていようと、

 

かけがえのない何かを失くして絶望していようと、

 

また、何かに心が傷ついて悲しんでいようと、

 

それらの解釈の奥には、神がある。

 

だから僕たちは、これまで神だけを感じてきたのであり、

 

常に父の中で、父と一緒にいたのだ。

 

 

個の解釈取り下げた先にいる神に気づいていくこと。

 

それが、僕の赦しであり、癒しである。

 

 

そういうわけで、まだ一応、

 

神の中で、会社へ行き、仕事をしているボクであるが、

 

誰を見ても、誰と相(あい)対しても、神がいる。

 

神に見えるのではない。全体が神なのだ。

 

ていうか、神しかいない。