香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

存在の耐えられない世界

f:id:shusaku1:20190731221042j:plain

 

今日は台風の影響で、会社が午後から休みになった。

 

会社を出る頃には、雨と風がかなり強くなっていて、

 

バスの停留所にも、長蛇の列ができていた。

 

風雨の中、20分ほど待って、ようやくバスに乗る。

 

湿った革靴が気持ち悪い。スラックスもびしょびしょだ。

 

バスのエアコンも冷たいし、おまけに道路は大渋滞!

 

 

そんな風に、解釈している途中で、

 

はっ、と、一瞬立ち止まり、

 

無を考え出していたことに気づいた後、

 

そこから、神を思い出してゆく。

 

 

不快感は即座にハートのエクスタシーへと変換され、

 

ああ、神だった、と、神でハートがひゅんひゅんしてくる。

 

まあ、今の僕は、一事が万事、こんな感じである。

 

f:id:shusaku1:20190731221032j:plain

 

片時も離れることなく、常に一緒にいる父に気づくには、

 

〝解釈〟が大きなキーワードとなってくる。

 

 

解釈を認識する、とは、スピでよく言われる、

 

解釈をしている自分に気づく、とか、解釈を止める、

 

また、一つ一つの解釈を、赦して聖霊に明け渡す、

 

というようなことでは、ない。

 

 

無は存在しないが故に、解釈自体も存在せず、よって、

 

何かを考えること自体、何の意味も為さない。

 

存在しないもの、無いもののことは考える必要もない、

 

それが、解釈を取り下げる、の本当の意味だと言える。

 

 

ハートから見れば、無を解釈するなどあり得ないし、

 

逆に言えば、解釈を止める、と言った時点で、すでに、

 

無いものを有ることにしてしまっている。

 

 

解釈とは、

 

ホワイトボードの上に描かれたリンゴのようなものだ、

 

と、ハレ師匠は言っていた。

 

リンゴの絵を指してリンゴ、リンゴと言っているが、

 

実際、僕たちが指していたのはホワイトボードであり、

 

本当は〝神〟全体を指してリンゴリンゴと言っていた、

 

ということである。

 

 

要するに、僕たちは、神の上でしか何も描けないのだ。

 

リンゴではなく、ホワイトボードのほうに気づくこと、

 

ずっと真っ白なまま、そこに存在していた神を観ること、

 

それが、ある意味、思考の逆転となる。

 

f:id:shusaku1:20190728234242j:plain

 

そんなわけで、

 

正午に会社を出て、家に着いたのが、1時半だった。

 

即行、濡れた衣服を脱ぎ捨て、熱いシャワーを浴びた。

 

それから〝直撃グッディ!〟を見ながら、

 

買ってきた〝豚肉と桃の甘酢あんかけ弁当〟を食べた。

 

部屋でいろいろやろうと思っていたが、結局、爆睡した。

 

眠りの中で、奇妙な夢をたくさん見た。

 

寝室のベッドの隣に、洋式の便器があって、

 

大家さんに広東語で文句を言っている夢。

 

でも、夢の中の自分は全部状況を理解していて、

 

辻褄は合っている。

 

夢の中の自分に身体はなく、

 

どこか別の位置から映像を覗きこんでいる感じ。

 

存在しない無を覗き込んでいる感じ…。