香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神との交歓

f:id:shusaku1:20190906030358j:plain


先日、香港トップの月蛾(げつが)が、

 

防犯条例改正案の完全撤回を表明したにもかかわらず、

 

香港の抗議活動は激しさを増すばかりである。

 

警察が市民に対して行なった暴力行為の調査や謝罪、

 

また、月蛾(げつが)自身の辞任表明がなかったためだ。

 

f:id:shusaku1:20190908013026j:plain

⇑ 学校でのウソの愛国教育に反発して、

   高校生たちが授業をボイコット。

 

今日も、

 

仕事帰りに乗った電車がなかなか発車しないので、

 

どうしたのかと思っていたら、プリンスエドワード駅が、

 

抗議活動に集まった人たちに占拠されている、

 

という車内放送が入った。

 

日曜には、セントラルにあるアメリカ大使館付近で、

 

最大規模な抗議集会も計画されており、それが原因で、

 

トレーナーとのセッションも中止になってしまった。

 

 

また、メディアでは決して報道されないけれど、

 

謎の自殺(?)者や、警官の殴打による死者が、

 

多数出ている状況で、香港市民たちの怒りと不安は、

 

条例案撤回くらいでは収まらなくなっているのが現状だ。

 

 

そう言えば、演歌同盟の警察官の友人の話によると、

 

現在、警察官をはじめとする香港の公務員が、順番に、

 

国境を越えた深圳へ、2週間の研修に送られ、

 

そこで24時間、共産党や中国への愛国心を刷り込む、

 

ある種の洗脳教育を受けさせられているのだという。

 

今後〝親中派〟でなければ公務員にはなれない、

 

ということらしい。

 

f:id:shusaku1:20190906030403j:plain

⇑ アパートの窓からの風景。

   午後11時を過ぎてもまだサッカーしてる。

 

とまあ、こんなふうに、誰かを咎めたり、

 

何かを批判している自分に、ハッと気づいた瞬間、

 

バンッ、と心のブレーカーを落として思考を強制終了させ

 

そこから、サッ、と、みぞおちのハートへ入ってゆき、、

 

シュッ、とハチミツを舐めた時の神の理解を思い出す。

 

するとまるで、オセロが次々にひっくり返るように、

 

自我の解釈が、聖霊兄貴の解釈へと置き換わってゆく。

 

そして最後は、

 

神の想念(愛と感謝と平安が入り混じった歓びの感じ)が

 

自分の身体からどんどん溢れ出し、そのあとはもう、

 

何を見ても、聞いても、味わっても、全てが神となる。

 

 

そうやって、

 

神を思い出した状態のまま夢の現実に存在していると、

 

今、香港で起こっている事をきちんと理解していながらも

 

そこに、どっちが悪い、とか、どっちが許せない、という、

 

批判や咎めの〝解釈〟が生じなくなってくる。

 

どんな状況を目の当たりにしても、

 

それは本当に無い、と解かっていながら、

 

起こっているように見えている状況に対処している。

 

 

そんな感じで、何を見たり、聞いたり、思ったとしても、

 

最後は結局、神に行きついてしまうボクなのであった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com