香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

根性で飛ぶ

f:id:shusaku1:20190921011352j:plain

⇑ ラッシュ時の中山駅

 

台北では、とても素敵な時間を過ごすことができた。

 

語気のきつい大陸式中国語に慣れているせいか、

 

台湾の人の囁くような中国語は、

 

テレサ・テンの歌のようで、とても耳に心地よい。

 

それに、香港のように決して華やかではないが、

 

地味で落ち着いた街並みも好きだ。

 

なんだか、台湾に住みたくなってきちゃった。

 

f:id:shusaku1:20190921011337j:plain

⇑ 夜は牛肉麺と餃子を食べる

 

朝8時に那覇へ向かう予定だった中華航空便が、

 

台風の影響で、午後3時半に変更になった。

 

ネットで調べてみると、僕が乗るこのフライト以外、

 

全ての那覇便が欠航となっている。

 

もし、他の航空会社を予約していたら、きっと僕は、

 

台北にもう一泊することになっていただろう。

 

さっすが中華航空、他の航空会社とは根性が違う。

 

 

また、飛行機が遅延してくれたおかげで、

 

ゆっくり朝食を摂り、迎えのタクシーを待つ間も、

 

ラウンジでコーヒーを飲みつつ書き物をしたりして、

 

余裕を持って空港へ向かうことができた。

 

f:id:shusaku1:20190922014734j:plain


空港では、搭乗までまだ40分ほど時間があったので、

 

ゲート近くのマッサージ店でクイックマッサージを受けた。

 

昨日の仙人按摩師に匹敵するくらい、気持ちよかった。

 

で、このとき、気づいた。

 

これは、按摩師の腕がよいから気持いいのではなく、

 

自分が神の理解で感じているから、

 

何をされても気持ちいいのだ、と…。(笑)

 

f:id:shusaku1:20190922014740j:plain

 

そんなこんなで、時間になり、搭乗しようとすると、

 

地上係員からアナウンスで呼び出された。

 

何だろう、とカウンターへ行ってみると、

 

あなたの席はファーストクラスへ変更されましたと言う。

 

ええっ、また? もう今年に入って三回目だ。

 

「赦しは、現実がよくなることが目的ではないんですよ。」

 

と言うコースの教師もいるが、僕自身としては、

 

ひゃっほーいな事が起こったら素直に歓んでいればいい

 

と思っている。

 

だって、それは神の歓びの象徴なのだから…。

 

 

台北-那覇間の飛行時間は1時間ちょっとなのだが、

 

今回は、機内に待機しながら、

 

沖縄の暴風域が過ぎるのを待っていたため、

 

那覇に着くのに合計2時間半ほどを要した。

 

その間、僕は、ゆったりワインをお代わりしながら、

 

神の中に在ってプルプルしていた。

 

 

それでも、那覇に着陸する際は大風に煽られ、

 

機体が何度もバウンドした。

 

それもまた、ハートの歓びがバウンドしているのだった。

 

f:id:shusaku1:20190922014751j:plain

 

那覇のホテルに到着すると、ハレ師匠と法悦女子が、

 

僕の到着をロビーで待っていてくれた。

 

チェックインの後、近所の居酒屋へ飲みに行ったのだが

 

そこでも、2回停電になり、おまけに、

 

暴風域が過ぎたにもかかわらず、外はものすごい風雨で

 

帰り際、法悦女子が店から傘を借りて来てくれたのだが、

 

ハレ師匠は、そんなものは役に立たない、と言う。

 

案の定、歩き出してすぐ、傘は壊れてしまった。

 

 

要するに、何が起ころうが、神の愛しかない。

 

暴風雨で全身びしょ濡れになろうとも、

 

飛行機が飛んでも飛ばなくても、

 

その奥には、やっぱり不変の神の愛が流れている。

 

神と同じものである兄弟が、神と同じものである僕を、

 

攻撃し、傷つけるなんてあり得ない、という真理を、

 

ひとつひとつ、認識する旅になっている。