香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

憎まれ代行

f:id:shusaku1:20190926173048j:plain

 

昨日は朝から忙しかった。

 

先ず、朝イチで行きつけの皮膚科医院へ、

 

いんきんの塗り薬をもらいに行った。

 

「なんや。また股間が痒(かゆ)なったんか。」

 

と、先生が大声で言うものだから恥ずかしくなり、

 

なんでそんなにでかい声で言うねん、と先生に言い返した。

 

 

その後、沖縄で摂りすぎたカロリーを消費すべく、

 

ゴールドジムで筋トレ&ランニング&スクワットに励んだ。

 

さすがゴールドジムだけあり、みな高重量を挙げている。

 

僕も彼らに負けじと頑張ったが、やはり若さには勝てず!

 

 

午後からは、キャッシュカードの更新をするため、

 

梅田の三井住友信託銀行を訪れた。

 

僕は23年前に作ったシティバンクのキャッシュカードを、

 

いまだに使っていて、シティバンクが三井住友信託銀行

 

に統合された後もそのまま使用していたら、

 

ATMでの振込みなどができなくなってしまった。

 

 

阪急の三井住友信託銀行のカウンターへ行ったら、

 

あなたはPRESTIAなので、と、別の住所を教えられた。

 

ややこしいなあと思いながら行って見ると、

 

そこは、

 

コーヒーを飲みながら担当者が一対一で対応してくれる、

 

銀行というより、サロンみたいなところだった。

 

f:id:shusaku1:20190926173050j:plain

 

僕の日本支給分の給料やボーナスは、基本、

 

ここの普通口座に入りっぱなしで、あまり使うこともなく、

 

特に、投資や運用にも興味がなかったので、

 

時々現金を香港へ持ち出す以外手つかずになっていた。

 

そこに目をつけた担当者(30代/女性/高島礼子系)が、

 

外貨定期預金を薦めてきた。

 

米ドルで2年定期にすると、1.5%の金利を保証します

 

とか、豪ドルが今、102円から72円にまで下落しており

 

定期にして長期で持っておいた方が、このまま、

 

普通預金にお金を預けておくよりずっと利回りが良い、

 

と、頼もしい口調で説明してくれた。

 

 

「豪ドル72円って、メチャ買い時やんっ!」

 

と、僕の気持ちは動く。

 

これを100円になった時に解約して日本円へ戻せば…、

 

定期なら損をしたって知れてるし、天下の三井住友だし、

 

2、3百万円だったら、試しても損はないかも…。

 

その瞬間、必殺仕事人のように高島礼子の目が光った。

 

「外貨定期をしていただきますと、全ての外貨送金や、

 

 両替手数料を24時間無料にさせていただきます。」

 

ときた。

 

結局、一度お持ち帰りさせて下さい、と、帰ってきた。

 

お金に関する事は、どんなことでも全て一旦持ち帰れ、

 

と父から教えられているんで…、と高島礼子に告げた。

 

それで、家に帰って気づいた。

 

豪ドルの定期なら香港ですでにしてたんだ、って…。

 

f:id:shusaku1:20190926173045j:plain

 

休暇中も、小さな咎めたい気持ちは出てきた。

 

お休みのところ本当に申し訳ありませんと言いながら、

 

休み明けでも間に合う仕事の話を長々としてくる同僚や、

 

僕の郵便物を畳の上へバンッと放り投げてくる母に対し、

 

一瞬、小さな殺意が湧き上がってくる。

 

しかし、これは、僕が感じた罪悪感を彼らへ投げつけ、

 

僕が不快に感じるよう、彼らにその行為をやらせた上で、

 

あいつは何て罪深いやつなんだ、とやっている。

 

別の言い方をすれば、

 

彼らは、他者から憎まれるような行為を、

 

僕の代わりにやってくれている、と言える。

 

なので、僕が憎悪した同僚や母の行為は、

 

本当は僕がやっていた筈の行為であり、故にそれは僕だ。

 

そう思うと、相手に感謝せざるを得なくなり、

 

愛されているとしか思えなくなり、赦すほかなくなる。

 

f:id:shusaku1:20190922014746j:plain

 

神は一度も僕を咎めなかった。

 

だから、神と同じものである兄弟も決して僕を咎めない。

 

兄弟は、僕が投げ捨てた幻想の罪を一身に被って、

 

僕に私(兄弟)を赦せ、と必死で演じてくれている。

 

そんな同僚を、母を、その他大勢の兄弟たちを、

 

僕はどうして咎めることなどできるだろう。

 

兄弟は神であり愛なのだ。