香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

本気で神を想う

f:id:shusaku1:20191001174335j:plain

⇑ セントラル地下鉄にて


香港に戻ってきた。

 

今回の休暇は僕に本当の安らぎと平安を与えてくれた。

 

本気で神を思うとは、本気で幻想を否定することであり、

 

そこに神の平安がある、の中を生きている感じ。

 

 

神は在る、だけで夢の世界に存在するようになれば、

 

もう、肉体の死さえも問題ではなくなる。

 

Jが磔刑に処された際、彼は一切苦痛を感じなかった、

 

とあるが、Jは〝ここ〟が夢の世界で真実ではない、

 

と〝本気で〟理解していたのだ。

 

だから、僕も今後はJのように、

 

〝本気〟で神を想い〝本気〟で夢を無として生きる。

 

f:id:shusaku1:20190929183609j:plain

 ⇑ 9月29日撮影

 

香港に戻ると、家の周りがドえらいことになっていた。

 

地下鉄では武装警官がものすごい形相で睨みを利かせ

 

地上に出ると、すごい人数の市民がデモをしていた。

 

催涙弾の影響か、景色が霞がかっている。

 

デモ隊の中でも、今回は西洋人の人達の姿が目立った。

 

イギリスやアメリカの国旗を掲げ、通りを歩いている。

 

僕が消火栓の上に登って写真を撮っていると、

 

香港名物のひとつでもある〝呪い屋〟のおばちゃんが、

 

いつも商売をしている高架下をデモ隊に占拠され、

 

商売上がったりだ、と大声で文句を言い始めた。

 

それでも黒服軍団は次々に押し寄せ、このおばちゃん、

 

最後は、呪ってやるーッ、と地団駄踏んで叫んでいた。

 

 

このような映像も、何ていうか、堅固に感じられない。

 

なんか、映像だけが流れて行っているみたいに見える。

 

いま突然、催涙弾が飛んできて、目がやられたとして、

 

肉体の自分は苦しんでいるように見えても、やっぱり、

 

この映像は夢で、意識は神の中で〝悦んで〟いる。

 

f:id:shusaku1:20191001174346j:plain

f:id:shusaku1:20191001174356j:plain

⇑ 呪い屋(まじないや)のおばちゃん

 

そんな感じで、今日も会社はお休み。

 

この日は、めずらしく朝8時に起きれたので、

 

先ず銀行へ行き、ジムで自主トレをし、それから、

 

家の近くのおしゃれカフェでモーニングを食べた。

 

家に戻ると、インターネットが使えなくなっていた。

 

ルーターを再起動させたり、いろいろやってもダメで、

 

プロバイダーに問い合わせた結果、

 

ネット使用料を3か月滞納していることが判明した。

 

f:id:shusaku1:20190930220918j:plain

 

急いでネットが繋がるカフェへ行き支払処理を済ませる。

 

アカウント番号やパスワードを忘れ、手続きは難航した。

 

動揺していることに気づく。

 

〝本気〟で神を想い、ここが無であることを思い出す。

 

夢は夢でしかないことを本気で確信する。

 

f:id:shusaku1:20190929183616j:plain

 

自我の不意打ちに〝ハッ〟と気づいて立ち止まれたら、

 

その時点で聖霊を選び、聖霊と同じように考えている。

 

 

こうやって、夢の現実や夢の登場人物、

 

天国はずっとここに在ったことに気づくために使ってゆく。