香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

LIVE HONG KONG

f:id:shusaku1:20191005011203j:plain

f:id:shusaku1:20191005011219j:plain

⇑ 陸橋の上から決死の撮影

 

夜から抗議デモが一層過激化するという情報を受け、

 

先週金曜日は、定時より少し早めに退勤した。

 

会社から出てみると、案の定、

 

香港島へ抜ける海底トンネルはすでに閉鎖され、

 

通りの商店も、軒並みシャッターを下ろしていた。

 

地下鉄を乗り継ぎ、なんとか家まで戻っては来れたが、

 

会社を出るのが、あと10分遅かったら、

 

地下鉄も不通となり、家へも帰れなくなるところだった。

 

f:id:shusaku1:20191005011133j:plain

⇑ 消火栓の上によじ登って決死の撮影。

  (10月4日午後9時ごろ そごう前の様子)

   風景が霞がかっているのは火災が起きているから。

 

香港政府は今日、

 

立法会を通さず、月蛾(げつが)が独断で決定できる

 

緊急条例を適用し、マスク禁止令を制定した。

 

違反した者は禁固一年、本日零時から施行される。

 

たとえ議会にかけても、議員が皆、親中派であるため、

 

中国政府に有利な法案なら、どんなものでもすぐに通る。

 

これで、抗議活動をする市民は今後、

 

警察の催涙弾から身を守る術を失くすことになる。

 

また、先日、警官に銃で撃たれた高校生が、今日、

 

暴動罪で検察に起訴されてしまった。

 

 

これら一連の政府のやり方が多くの市民の反感を買い、

 

今後の抗議活動にいっそうの拍車をかける結果となった。

 

オマケに香港は今日から重陽節の祝日で三連休となるため、

 

抗議活動はさらに過激化する見込みだ。

 

そうこうしているうち、僕のトレーナーから、

 

明日のトレーニングは中止しますというラインが入った。

 

僕はまた、今週も家でお籠りとなりそうである。

 

 

f:id:shusaku1:20191005011108j:plain

f:id:shusaku1:20191005011103j:plain

⇑ 焼け焦げたコーズウェイベイの地下鉄の入り口

    まだ煙が出ている入り口も…。
 

帰宅後、買ってきたサーモンサラダを食べながら、

 

香港電視台のニュースチャンネルを見ていると、

 

僕が住むアパート前の様子が映し出された。

 

ものすごい数の抗議者が集結し、

 

地下鉄の入り口や改札に火を点けて燃やしたり、

 

ホアウェイや中国銀行など、大陸系企業の商店や、

 

先日デモに参加した店員をクビにした吉野家など、

 

様々な商店にシャッターをこじ開けて押し入り、

 

店内をめちゃめちゃに破壊したりしている。

 

地下鉄が攻撃されるのも、鉄道会社が事実上、

 

中国の傘下になってしまったのが原因だ。

 

 

近所で火事があったら見に行きたくなるのと同じ心理で、

 

いてもたってもいられなくなった僕は、スマホ片手に、

 

保安のおっちゃんの制止を振り切って、通りへ出た。

 

f:id:shusaku1:20191005011127j:plain

f:id:shusaku1:20191005011120j:plain

 

辺りには焦げ臭い匂が漂い、白い煙が立ち込めていた。

 

コーズウェイベイの地下鉄の入り口が燃えている。

 

中国系商店の店内を、抗議者がガンガン破壊してゆく。

 

仲間が傘の壁を作り、カメラに映らないようにしている。

 

僕が見た限り、今回は、一部の活動家だけではなく、

 

普通の香港の人たちが大勢デモに参加している。

 

抗議活動は香港中に分散して行われており、多分、

 

100万人くらいの人が連休の間に参加すると思われる。

 

f:id:shusaku1:20191005011139j:plain

f:id:shusaku1:20191005011146j:plain


 

僕が歩道橋の上から人々の様子を眺めていると、

 

遠くに機動隊の一団がやって来るのが見えた。

 

それまでは僕と同じように、歩道橋の上から、ただ、

 

野次馬を決め込んでいるだけだと思っていた人達が、

 

「警察が来たぞーっ、みんな早く逃げろーっ!」

 

と一斉に大声で、通りの抗議者に叫びはじめた。

 

 

警官隊はダダダーっと歩道橋の上まで上ってくるなり、

 

早く降りろ、と、僕たちに言った。

 

それで、階段を下りると、今度は下にいた機動隊から、

 

降りて来るな、と言われたので再度上ってゆけば、

 

なんで戻ってくるんだ、と激しい口調で怒鳴られた。

 

仕方なく、階段の踊り場のようなところで待機していたら、

 

誘導するから付いてきなさい、と機動隊に言われ、

 

それでようやく地上に下りることができた。

 

f:id:shusaku1:20191005011151j:plain

 ⇑ さっきまで上に見えている丸い歩道橋の上にいた

 

もう帰ろうと家路を辿り始めた時いきなり目が痛くなった。

 

催涙弾の煙りが風に乗って運ばれてきたのだ。

 

涙が止まらなくなり、目を開けていられない。

 

やっとのことでアパートに着くと、

 

すすけてよれよれになった僕を見た保安のおっちゃんが、

 

呆れたように首を振りながら、

 

エレベーターのボタンを押してくれた。

 

そして家に着くなり、ソッコー風呂へと直行した。

 

f:id:shusaku1:20191005011114j:plain

⇑ デモ隊に埋め尽くされ、

   身動きができなくなってしまったバス車両。

   客を下ろした後、運転手が途方に暮れている。

 

なんだか、夢を見ているみたい。

 

巨大な舞台装置の中で、大量のエキストラを動員して、

 

一大スペクタクル映画の撮影を見ているような感じ…。

 

あまりに現実離れしたことが目の前で展開されると、

 

却って世界はウソっぽく見えてしまう。

 

つい先週まで、沖縄で海を見ながら、

 

ぷはーっ、てやってたのがウソみたいだ。

 

 

f:id:shusaku1:20191005011156j:plain

⇑ 一軒だけ、ド根性で店を開け続ける商店を発見

 

ああ、そうか。

 

これは、自分の映画なのだ。

 

自分がすることは、この映画をただ赦すこと、

 

この世界を、物理的にではなく精神的に捨てることだ。

 

 

兄弟たちが目の前で何をしていようとも、

 

やっぱり僕たちは愛そのものであり、愛でできている。

 

神によって創られた永遠なる存在だ。 

 

 

と、こんな感じで、

 

僕の心の中の象徴を行動化してくれている兄弟たちを、

 

神に返し続けた一日はこうして幕を閉じたのであった。

  

blog.hoshitani-shusaku.com