香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の映画

f:id:shusaku1:20190930220924j:plain

⇑ おしゃれカフェも閉店中

 

今日は重陽節の祝日で、連休三日目となる。

 

香港情勢は、

 

日本ではあまり報道されていないようで、 

 

日本の皆さんも詳しくはご存じないと思われるが、

 

これはもう冗談でもなんでもなく、

 

現在の香港はかなりの非常事態に陥っており、

 

日常生活にも影響が出始めている。

 

地下鉄はいまだ全線不通で、破壊行為も酷く、

 

明日の出勤や通学も危ぶまれるほどだ。

 

このままいけば、僕も、

 

本社から帰国命令が出る可能性まで出てきた。

 

f:id:shusaku1:20190927000439j:plain

⇑ 日本で食べた朝食が恋しい。

 

 午後からは何もする気になれず、静かに目を閉じ、

 

ハートの中で、神を感じながら過ごした。

 

 

肉体の僕が見ている世界は僕の我が家ではなく、

 

そして、僕はすでに、本当の我が家にいる。

 

僕がやることは、自分の映画を捨てることであり、

 

それは、ただ、愛の中で歓んでいることである。

 

なぜなら、これは自分が見ている映画で、

 

映画の登場人物は存在すらしていないのだから、

 

この映画を赦せるのもまた自分だけである。

 

そうすることで、

 

外に展開されているように見える自分の心を癒せる。

 

f:id:shusaku1:20190923003647j:plain

⇑ 先週までこんなとこにいたなんて…

 

晩飯を食べようと階下に降りてみれば、

 

スーパーや商店は全てシャッターが下ろされていた。

 

銀行のATMにも長蛇の列ができている。

 

破壊行為を恐れた銀行側が、

 

機械の中の現金を全て回収してしまったため、

 

ほとんどのATMが使用不能となっていた。

 

僕は先週、出張旅費を現金で清算していたので、

 

現金はなんとかなった。

 

 

と、こんな感じで、 

 

夢の状況は明確に理解、把握されていながら、

 

一つ一つの夢の問題にはキチンと対処し、

 

しかも、それが夢だと完全に解かっている。

 

神は常に僕と共に在り、一度も離れたことはなく、

 

神側から観れば、やはり世界は無罪性に輝いている。

 

 

そんなこんなで、

 

家へ戻ると、炊飯器でご飯を炊き、

 

サバ缶とハムエッグで夕食を済ませた。