香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神に気づく

f:id:shusaku1:20191101022457j:plain

ああ。

 

しゅ、しゅ、首里城が…、も、も、もえてしまった…!

 

 

ニュースを見て、

 

首里城は、本土決戦を経験した沖縄の方たちの、

 

復興のシンボル、心の支えだった、と初めて知った。

 

先月沖縄を旅した際、また今度来た時に見ればいいや、

 

と、首里城には行かなかったことが悔やまれる。

 

 

その一方で、

 

この首里城全焼のニュースからは多くのことを学んだ。

 

 

僕は仕事柄、出張で多くの場所へ赴くが、

 

今後は、ただ行って、仕事して、帰ってくるだけではなく、

 

訪問先の土地の歴史も少しは勉強しよう、と決めた。

 

 

それから、次でいいや、もやめることにした。

 

言おうかな、行こうかな、やっとこうかな、と思ったら、

 

迷わず実行するようにしよう。(できる範囲でだけど…)

 

なぜなら、僕もいい年齢だし、

 

本当に次は無いかもしれないから…。

 

 

また、カタチの世界に永遠はない、ということも学んだ。

 

台風にしろ、地震にしろ、人生のハプニングにしろ、

 

どんなに頑張っても、最後は必ず取り上げられる。

 

なので僕はもう、カタチの世界は信じない。

 

永遠でなければ実在ではなく、よって世界はない。

 

また、永遠を求めるとは、神に気づくことであり、

 

神に気づくとは、普段、当り前に見えているもの、

 

聞こえているもの、感じているものが、実は神であった、

 

と認識することである。

 

f:id:shusaku1:20191101011016j:plain

 

僕達は普段の生活の中で、

 

私のスマホ、去年買い変えたパナソニックのテレビ、

 

隣に住んでる田中さん一家、コンビニのシュークリーム、

 

と、あらゆるものを認識しながら暮らしている。

 

「ああ、これがわたしの、ス・マ・ホ、なんだぁーっ!」と

 

いちいち感動の叫びを上げつつ生きている訳ではない。

 

そして、神も、そこにスマホがあると気づいているのと

 

同じレベルで、ここに在る。

 

別の言い方をすれば、スマホがあると気づくと同時に、

 

神にも気づいている。

 

 

それはまた、〝わたし〟についても同じことが言える。。

 

年を取るにつれ、見かけや内面がどんなに変化しようと、

 

自分という人生をずっと見てきた不変の何かに気づくこと

 

それが、神に気づく、ということである。

 

 

よく考えてみると、生まれてから今日までに経験した、

 

様々な〝私〟の物語も、ひとたび認知症にでもなれば、

 

すべて無と化すような、実体のないものであり、

 

湧いては消えてゆく雨雲のようなものである。

 

 

なので、物語の中を生きている自分ではなく、

 

物語に気づいている不変で永遠の自分に目を向ける。

 

それが神を観る、聖霊を観る、ということとなる。