香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の決断

f:id:shusaku1:20191107001121j:plain

 

今日は仕事帰りに、僕の大好きなブランド、

 

〝At-Twenty〟で、冬の服を何着か買った。

 

この店は、名前のとおり、

 

20代の、若いが故に痩せすぎて着る物がない人向けに

 

立ち上げられたブランドだ。

 

なので、

 

デブお断り、とばかりに、どの服も超スリムなのだ。

 

僕も、トレーナーのお蔭で、だいぶ痩せたので、

 

着れるサイズが増えてうれしいのだ。

 

コートと、ズボンと、緑のVネックセーターを買った。

 

 

香港の渋谷、コーズウェイベイに住んでいると、

 

便利ではあるけれど、誘惑も多い。

 

ふらっと立ち寄った店で思わぬ無駄使いをしてしまう。

 

ゆ、ゆ、赦さねば。夢だし…、本当じゃないし…。(笑)

 

f:id:shusaku1:20191107001139j:plain

 

奇跡講座の中に、決断のためのルールという項がある。

 

 

〝今日、私は自分一人では、なにも決断しない。〟

 

〝だから、私は自分が間違っていたことを望む。〟

 

〝私はこれを見るための別の見方を望む。〟

 

 

いかにも、コースの教師がこぞって解説したくなるような、

 

また、勉強会で、もてはやされそうな字面が続く。

 

しかし、この項は、勉強会などで、お勉強をするように、

 

ひとつひとつの文章を解析し、理解しようとしても、

 

絶対に無理だと断言できる。

 

ここに書かれていることが真に実行されるには、

 

神の理解が入っていないと不可能だと思うからだ。

 

 

昨日、ソファの上でウトウトしながら、

 

〝今、自分が見ている夢の現実全てを神に返します。〟

 

と、意識をさらけ出して神に明け渡していたとき、

 

ああ、そうか、と理解が起きた。

 

こうして神に委ねたのなら、今後自分が何を考えようと、

 

どんな行動を取ろうと、それが神の決断なのだ、と…。

 

 

自分では何も決断しないようにしよう、ではなく、

 

一旦神に委ねたのなら、

 

一見自分が決断したと思えるようなことでも、

 

それは神の決断であった、と解かっていることである。

 

 

何時に起きて、何を食べて、どこへ行って何をするか、

 

を全部自分で決めているように思っているが、

 

要するに、なんにも自分では決めていなかった。

 

神を想い出し、神の理解と共に在るときにする事は、

 

すでにそれが神の決断なのである。

 

⇓ 聖霊に訊いて行動していた頃の恥ずかしい記事 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

何度も書くが、

 

おにぎり三つは食べすぎかな、とおにぎりを裁いたり、

 

今度アイツに会ったら、ああ言ってやる、こう言ってやる

 

と、過去の出来事を思い出して裁いたり、

 

あの人ヤバそう、と電車の中の人を裁いたりしたとき、

 

一瞬立ち止まって、

 

自分は無いものを裁いていることに気づき、

 

実際には裁くことすらできていなかったことを認識して、

 

神の理解(ハートの想念/歓びの想念)を思い出す。

 

そうすると、裁こう、としていたことさえも、

 

そのことに気づき、赦すための神の決断だったと分かる。

 

 

こうして、神の決断を実践し続けていると、やがて、

 

自我の投影の夢が、神の反映の夢に取って替わる。

 

これはもう、見事に変わる。

 

周囲のみんなが突然、人が変わったように優しくなり、

 

景色が色鮮やかに輝いて見えるのですぐに分かる。

 

特別な何かが起こったわけでもなければ、

 

環境が変わったわけでもない。

 

なんていうか、田中さんは以前と同じ田中さんなのだが、

 

どう見ても、聖なる田中さんにしか見えない。

 

 

といいうわけで、今週は奇跡的に出張もなく、久々に、

 

朝、会社に行って、夕方帰ってくる生活を送っている。

 

明日から二日間は、エドワードも出張で留守のため、

 

僕一人、オフィスでお留守番である。

 

ひゃっほーい!