香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

無言の祈り

f:id:shusaku1:20191103234138j:plain

 

〝もしも神から分離したら〟という考えたことが原因で、

 

幻想の宇宙が作出された、と僕達は思い込んでいるが、

 

宇宙が本当に無なのであれば、、

 

もしも神から離れたら、と考えたこと自体も、

 

自我の作出だった、ということになる。

 

 

そうなのだ。

 

僕たち神の子は、なんと言っても神の子であるが故に、

 

もしも神から分離したら、などという馬鹿げた事など、

 

はなから考えたりなどしなかった。

 

ていうか、考えることすら〝できて〟いなかった。

 

 

「もし神から離れたらどうなるのだろう、などと、

   

    お前はとても罪深いことを考えてしまったのだよ。」

 

 

ノーッ!

 

よく考えればわかるが、神と同じ存在である神の子に、

 

〝もしも…〟などあるはずがない。

 

僕たちはでっち上げられたウソに騙されている。

 

だから、

 

この夢の世界で起こる分離劇場を信じることなどない。

 

 

分離劇場を信じないとはどういうことかというと、

 

全てに〝神の解釈〟だけを見ていること、

 

言い方を変えれば、

 

世界が本当に無いことを〝感じている〟ことである。

 

 

どういうことか、僕の身に起こったことで説明すると、

 

先週の金曜、仕事の事で元コンババ部長と色々あった。

 

というのも、この日は各部署から東京本社へ、

 

10月の財務資料を提出する最終締め日で、

 

この日中に、全社の数字をまとめねばならない彼は、

 

朝からちょっとピリピリモードだった。

 

そして、僕が彼に送った香港支社の財務資料の中で、

 

売掛金が合わず、何度か彼と電話でやり取りをした後、

 

最終的に、いくつかの数字のミスが見つかった。

 

そのとき彼から、

 

「星谷さん、最近ミスが多いですよ。

 

 昨日も旧会社のフォーマットで小口清算してたし…。」

 

と、叱責口調で言われた。

 

 

僕の胸がズキンと鳴り、不快感が拡がる。

 

狭い東京事務所では、彼の声はみんなに筒抜けだ。

 

これまでなら、電話を切った後、

 

彼は神の愛に値する、と、色々やりながら赦すのだが、

 

今回は、胸がズキンと鳴った瞬間、に心が無になり、

 

何の解釈も起きないまま、この夢の状況を見ていた。

 

f:id:shusaku1:20191103234144j:plain

 

彼は神の愛に値する、とか、聖性を見いだす、とか、

 

世界は無い、分離は起こってもいなかった、神は在る、

 

というような、言葉(頭)で解釈した赦しをするのではなく、

 

世界や分離が本当に無かったのであれば、

 

なんの言葉も差し挟まず、無いものを無いものとして、

 

ただ世界をそのように〝見過ごして〟いるだけでよい、

 

と、このとき、頭ではなく、心で悟ったのだ。

 

 

何だコイツ、次はこう言い返してやろう、恥をかかされた、

 

といった感情や妄想劇場が浮かんでは来るけれど、

 

また、神からの分離は起こってなかった、神を想い出す、

 

といった〝赦しの解釈〟なんかもやってはくるが、

 

それらの反応や解釈を、ただ置き去りにし(←ここ重要)、

 

起こるがままを、去るがままにしていればよい。

 

それが、沈黙であり、解釈を取り下げるということであり、

 

頭ではなく、心からの理解で考える、ということである。

 

赦しは何もしないし、言葉を必要としない。

 

本当の祈りは無言で行われるからだ。

 

 

しかし、解釈をただ見過ごす、という沈黙の状態を、

 

長時間続ける必要はない。

 

ていうか、そんなの不可能である。

 

瞬間、そうでありさえすれば、聖霊には十分である。

 

その一瞬の沈黙から、ハートの声を聞き、神へと入る。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

また、誤解を避けるために述べるならば、

 

この、出てくる解釈をただ置き去りにする、というのは

 

よく、非二元で言われるような、

 

ただストーリーが起こっては消えて行ってるだけ、とか、

 

あるがままを、あるがままに受け入れて見る、とか、

 

何かをしている誰かなんて存在しないんです、

 

ということだけではない。

 

そこで立ち止まるのではなく、一瞬の沈黙は、

 

神の声(ハート)を聞くための前段階であるということだ。

 

そこから、全部が神だった、という、

 

たったひとつの解釈へとたどり着くことができる。

 

 

僕は、この〝無言の赦し〟こそ、

 

認識して手放す、というワプニック氏の赦しのステップを、

 

実際に実践していることになる、と理解している。

 

なぜなら、

 

赦しの言葉をも含む、言葉での解釈を取り下げ、

 

無いものを無いとして、ただ世界を観る(感じる)ことが、

 

すでに、認識して手放している状態であるからだ。

 

 

肉体では、不快感が来ているように思っているけれども、

 

本当は神(歓び)が来ている。

 

肉体の自分はいつも、

 

この、元とコンババ部長叱責ドッキンのように、

 

自分が作り出した考え(解釈)に怯えている。

 

しかし、肉体は自分ではなく、それはトリックで、

 

本当の自己は見えている景色の向こうにいる。

 

それを、元コンババ部長で見えないようにしている。

 

 

自我が無いのであれば、無いように扱う。

 

それが、今回の不快感から学んだことである。