香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

靈(スピリッツ)

f:id:shusaku1:20191115221111j:plain

 

 

幻想の世界を実在させてから赦す、ことに警戒している。

 

例えば、

 

運転をしていて、割り込んできた前の車を罵った後、

 

そこから湧き出してくる罪悪感を観て赦そうとしたとする。

 

この出来事を一旦実在させてから赦すのではなく、

 

誰も何もしていないからこそ、それを見過ごして、赦す。

 

 

そういう〝起きていないが故の赦し〟の状態とは、

 

どこにいようと、何をしていようと、誰と一緒にいようと、

 

その背後には常に同じ〝聖性〟が流れており、

 

その全一の感じこそが神であり、実存である。

 

 

本当に神だけが実在で、それ以外実在しないのなら、

 

コップも、テーブルも、田中さんも、全て神の筈である。

 

スマホも、料理も、同僚も、隣人も、全て愛の筈である。

 

なので神以外の解釈に気づいたら、

 

すぐさま、無意識からくるエゴの勝手な呟きを遮断し、

 

それは間違っていると取り下げた後、

 

神だけが実存することを思い出してゆく。

 

そうすることで、

 

コップに幽閉してしまった神を解放することができる。

 

コップが神だった、あ、これもあれも神だった、

 

えっ、神しかない?ああ、全一でしかない、

 

コップも、田中さんも、あの嫌な出来事も無いじゃん、

 

となる。

 

 

自分は、神と同じ愛と歓びそのものであり、

 

実存する靈(スピリット)だと知ることが真の理解である。

 

 

とまあ、こんな感じで、

 

ガンバってる感満載で書いてはいるが、

 

要するに、

 

不快感さえも〝神の歓び〟だったという話である。

 

ある日、実践をしていて、

 

嫌な出来事が起こり、不快感でみぞおちの辺りが、

 

びゅんびゅん波打つ感じと、

 

嬉しいことが起こり、歓びでみぞおちの辺りが、

 

ワクワクきゅんきゅんしている感じが、

 

まったく同じであることに気づいた。

 

解釈が違うだけで、感覚の質自体は同じなのだ。

 

 

なので、間違った解釈自体を取り下げるだけで、

 

罪悪感と思えていたものが、実はそれも、

 

天国の歓びの想念だったということが思い出されてくる。

 

だって、神しか実存しないのなら、無いもの(罪悪感)は

 

取り消されるしかない。

 

f:id:shusaku1:20191115221105j:plain

 

それでもまあ、赦しを実践し始めた初期の段階では、

 

「この状況を赦せば、来世でこれをやらなくて済む!」

 

くらいの軽い気持ちでいていいと思う。

 

目の前の相手が次の自分と思えば、

 

赦そうという意欲が湧くし、僕も、元コンババ部長を、

 

最初は、前世の自分と見て赦していたが、

 

それでも、心が癒されるに従い、最終的には、

 

彼は神だった、実存は神のみで、彼すらも無だった、

 

へと至った。

 

 

ただ、肉体と見て赦すのではなく、靈と見て赦す。

 

 

本当にいるのは神だけで、私や誰々さんではない。

 

神しか実在していない。離れたことがない。

 

自分と神の間に区別はない。まったく神と一緒だ。

 

私は星谷という身体です、というのは成立していない。

 

神はそこにいて、自分はそこから一度も出たことがない。

 

それは、コップではなく、田中さんでもない。

 

霊だ!