香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

分析するエゴ

f:id:shusaku1:20191117234102j:plain

 

ようやく、やっとのことでゲイリーの4冊目を読破したぜ!

 

読破するのに二カ月かかった。

 

床を這う一匹の蟻を赦しているような専業主婦とは違い、

 

僕はいろいろと忙しいのである。

 

というのは冗談(笑)。(← パーサ風切り返し)

 

 

この本の中で、分析する事はエゴだ、と書かれているが、

 

僕が会社でやっている仕事も、数字の〝分析〟である。

 

医者、弁護士、税理士、会社員、教員、セラピスト、

 

など、多くの職業が分析を基盤として成り立っている。

 

運転手や店員でさえ、どうすれば最も効率が良いか、

 

常に分析して、運転したり、レジ打ちをしている。

 

まあ、ここはエゴが作り出した夢の世界なので、

 

分析だらけでも、なんら不思議ではないのだが、

 

ここへ来て、僕自身、分析することに疲れて来ている。

 

疲れている、というより、嫌気がさしている。

 

 

アーテンは、

 

分析していることはエゴだ、と、認識できてさえいれば、

 

どんな仕事をしても差し支えはないと述べているけれど、

 

みぞおちの奥に、

 

ハート(愛している感じ)を常に感じている状態で、

 

数字の分析をし続けるには、もうちょっと限界かも…。

 

売上が前月より減少した原因はどうのこうの、とか、

 

今月の運送費の増加は、エアー便を多く使ったからで、

 

なぜエアー便が多くなったかというと…、といったことが、

 

愛とは関係ない、無味乾燥なものとして感じられてくる。

 

 

僕はこの仕事をする事で報酬を得ているのだし、

 

多くの福利を受けながら香港に駐在できているのも、

 

この〝分析生活〟を送っているからなのだが、

 

世界を信じなくなってくると、なんでこんな事やってるのか

 

と、非常にシラケた、アホらしい気分にもなる。

 

 

まあ、これまでは、慣れた仕事でもあるし、

 

ここにいて、神の中で歓んでさえいれば、

 

外界で何をしていても関係ない、と思っていたけれど、

 

要するに、まだそんなに好きでもない会社にいるのは、

 

これをしなければ自分は生きていけない、

 

と信じている、ということなのだ。

 

だが、ここは夢の世界であるが故に、

 

何が起こっても絶対に大丈夫という確信が深まるにつれ、

 

別にこれをしなくてもいいじゃん、と思えてくる。

 

f:id:shusaku1:20191117234055j:plain

 

「これも、あれも、神やん!神しかないやん!」

 

と、神を観じながらも、自分と神を分けていた状態から、

 

「自分は一度も離れることなく、もとから神の中にいた!」

 

と、神の中の自分が神を観じている状態を経て、

 

「自分も兄弟も、神と同じ全一だった!」

 

という、真の理解に至ればもう、この世界は、

 

取り消される目的以外の使い道がなくなる。

 

 

でも、肉体を持ってシャバにいる以上、

 

毎日、何かをして過ごすわけである。

 

同じ何かをして、赦しの実践をしてゆくのなら、

 

罪悪感からくる恐怖ではなく、

 

聖霊兄貴からやってくる想いに従い、

 

もっと、自由にやってもいいのかな、と、

 

決意を新たにする今日この頃である。