香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

幸せな場所

f:id:shusaku1:20191123130155j:plain

 

金曜早朝のセブパシ便でフィリピン出張から戻ってきた。

 

フィリピンは一年中暑い、と思う人も多いがそうでもなく、

 

今だと、夜はカーディガンが必要なくらい涼しい。

 

僕に至っては、寝る時もクーラーを消して寝ているし、

 

日中も、摂氏23℃と、外出しても汗をかかない。

 

 

フィリピンに出張する時はいつも、

 

工場まで徒歩一分の場所にあるホテルに泊まる。

 

それで、このホテルのベッドがまた、とても寝心地がよく、

 

毎回、なぜかとても安らかな気持ちで熟睡できるのだ。

 

 

何て言うのだろう。

 

ふわっと身体が沈み込むようなマットレスに、

 

重くもなく軽くもない掛け布団、シーツもサラサラで、

 

たくさんある枕を組み合わせて高さを調節すれば、

 

ちょうどいい感じに頭の位置が来る。

 

 

で、最近では、お付き合いの夕食会も極力避け、

 

6時に工場を出ると、ホテルのラウンジで一人、

 

クラブサンドイッチとワインの夕食を済ませる。

 

そして、ソッコー部屋へ戻って、シャワーもそこそこに、

 

積み重ねた枕に上半身を沈めて、読書をしたり、

 

パソコンで動画を見たり、瞑想をしたりするのが、

 

唯一にして最大の楽しみになっている。

 

 

するとだいたい10時くらいには睡魔に襲われ、

 

そこから朝8時まで、快眠爆睡となる。

 

 

眠りに落ちるまでの間、

 

ぽかぽかと全身を包み込むようなシーツの温かさや、

 

宙に浮いたようなマットレスのフワフワ感、そして、

 

深く沈み込んでいくような枕の心地よさなどが相まって、

 

自分は今、安全な場所で快適に護られている、という、

 

穏やかな多幸感の中にたゆたっていると、

 

ああ、この言葉では形容できない平安な感覚こそが、

 

神の想い(神の声)そのものなのだ、と気づいた。

 

 

この〝心地よい幸せで平安な感じ〟はまた、

 

ベッドでまどろんでいる時だけに起こっているのではなく

 

病気であっても、人間関係で悩んでいる最中であっても、

 

解決すべきトラブルにちょちょ舞っている時であっても、

 

常に根底に流れていて、変化するということがない。

 

f:id:shusaku1:20191123130149j:plain

 

僕は、たまたまフィリピンのホテルのベッド、だったが、

 

其々の場面で、こういう心地よい平安な感じを感じる時、

 

これが神の感触なのだと気づくこと、そして、

 

自分を動揺させる事が起きているように思える時でも、

 

常に、この神の平安の流れに気づいていて、

 

その言葉では説明できない感覚こそが実存である、と、

 

思い出していることが決定的に重要である。

 

 

そうなのだ。

 

僕達は、この平安から一度も離れたことがないばかりか

 

いまもずっと、そして永遠にこの平安の中にいるのだ。

 

VRゴーグルに映し出される映像に反応したときは、

 

即座にそれは実存ではない、と赦して沈黙したら、

 

この〝天国の感じ〟をただ受け入れる。

 

f:id:shusaku1:20191124005747j:plain


 

というわけで、今日は土曜日、散髪に行って来た。

 

また、あのゼロフェードカットにしてもらった。

 

この髪型、分け目にぶっとい剃り込みを入れる。

 

指にハードジェルをつけてサーッとやるだけでいいので、

 

結構気に入っている。