香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

VRだよ、人生は!

f:id:shusaku1:20191123130143j:plain

 

最近、言葉で赦すことが少なくなってきている。

 

なんていうか、感覚で赦している。

 

 

日常生活で、

 

何かを心の中で批判していることを認識したら、

 

即座に立ち止まり、人影に反応せず、ただ見すごす。

 

やがて、聖霊兄貴が入ってっきて、僕が聖霊となる。

 

ああ、これは夢で本当ではない、と認識できる。

 

すると、外界で何が起こっているように見えていても、

 

暖かい布団の中でまどろんでいる時のような、

 

不変の平安が、常に意識の背後に流れているのを感じ

 

そこが神の実存であり、みんな一つの霊(スピリット)だ、

 

という理解が〝自然と〟湧いてくる。

 

 

これまでは、聖霊兄貴と一緒に観るという感じだったが、

 

いまでは、赦しと同時に聖霊が〝グワン〟と入ってきて

 

自分と一体になる、という感じだ。

 

何のことはない。

 

神だけが実在で、それ以外は実在ではなく、

 

反応する事は無意味だ、という感覚が出てくれば、

 

それでもう、聖霊として世界を観れている。

 

 

ゲイリーの本の中では、

 

自分が見ていると分かっている夢の中の〝人影〟に、

 

一切反応しない、と言っているが、本当にそうだと思う。

 

無に反応しても意味がない、という本気の自覚こそが、

 

VR世界からの脱出への第一歩と言える。

 

 

あ、そうそう、VRと言えば、最近、

 

ダグラス・ハーディーの『頭のない男』を読んだのだが、

 

これってまさに、VR(ヴァーチャル・リアリティ)装置

 

のことを述べているのだな、と思った。

 

僕達が見ているこの現実世界も、

 

VRスクリーンに映る映像と全く同じなのだ、と…。

 

f:id:shusaku1:20191123130201j:plain

⇑ フィリピンのイタリアンバーでビールを飲む。

   アルコール度数が9%のビールなんだって。

 

僕達はVR投影ゴーグルを装着し、

 

眼前に映し出されるVRの映像に没入している。

 

映像は、没入している自分の奥で、

 

静かに夢の物語を見ている意識から投影されている。

 

そして、

 

僕達(マインド)は、このVR世界を実在だと思い込み、

 

その中で毎日さまざまな出来事に反応して生きている。

 

 

今日、何食べよう、明日子供のサッカーの試合だ、

 

美容院の予約を入れておかなくては、

 

今日中にこの支払いをしなければ大変なことになる、

 

など、日常の悲喜こもごもを映し出すこれらの映像は、

 

全部このゴーグルの上だけで展開されている。

 

 

以前、東京で開催された進撃の巨人展で、

 

360度VR体験、というのをしたことがあるが、

 

もう、開始一分で、ものの見事に我を忘れ、

 

闘いの物語の中へと没入してしまったことを思い出した。

 

でもまあ、これは一時的な遊びの体験だったので、

 

もちろん、没入している自分とは別に、

 

これがただの造られた映像で、本当ではなく、

 

ゴーグルを外せば穏やかな東京の景色が拡がっており、

 

ゆえに、映像は決して自分に危害を加えて来ない

 

ことを知っているもう一人の〝正気な自分〟がいることも

 

ちゃんと自覚できている。

 

さしずめ、正気な自分の部分が聖霊兄貴なのだろう。

 

⇓ VR関連記事。5年前の自分がちょっと恥ずかしい ⇓

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ハーディーの時代にはまだ、VR装置が無かったので、

 

小難しい本を何冊も書き、ワークをする必要があったが、

 

現在は、実際にVRを体験しさえすれば、

 

今の僕達の意識が完全にVRの中へ落ち込み、

 

そこから抜け出せなくなっていることが理解できる。

 

要するに、天国の中で目隠しをして彷徨っているのだ。

 

 

なので、エゴに反応していることに気づいて赦すとき、

 

僕たちはすでに天国にいて、優しい父の中にいることを、

 

事ある毎に、意識に向かって語りかけてゆく必要がある。

 

 

まず、VRのゴーグルの世界にいることを認識し、

 

次に、映し出されるウソの映像に反応せず、

 

それを見すごすことで、これが実存ではないことを、

 

意識に教える。

 

最後に、沈黙の中から、

 

〝神(実存)〟がここに在ることが思い出されて来たら、

 

赦しが意識へ届いた証拠となる。

 

 

そして、いつか、

 

ゴーグルの映像が、優しい穏やかな映像へと変わり、

 

最後、ゴーグルは消える。

 

 

というわけで、

 

『浪花節だよ、人生は』ではなく、

 

『VRだよ、人生は』という話であった。