香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

その時代を赦す

f:id:shusaku1:20191203213709j:plain

 

マカオと国境を接する街、広東省珠海市に行ってきた。

 

一泊二日の出張である。

 

今回は、うちのフィリピン工場へ生産委託したいという、

 

ある工場のライン視察だったのだが、

 

これがまた、馬鹿デカい工場で、もうちょっとした街だ。

 

棟から棟への移動は車で行ない、宿舎も敷地内にある。 

 

 

中国の工場で働くワーカーさんはいたって勤勉で、

 

工場内は整理整頓もされ、生産効率もいい。

 

 このとき、工場内を見学しながら僕は、

 

深圳工場の閉鎖が決まり、それに代わる工場を探して、

 

広東省内をさすらっていた5年前を思い出していた。

 

あの頃は、ホント、兄貴に文句ばっかり言っていた。

 

頑張って赦してるのになんでこうなるの、と…。(笑)

 

 

いま、あの頃の記事を読み返してみれば、

 

自我丸出しで突っ走っていたのが見て取れる。

 

それでも、当時の自分が行なえる最大限のレベルで、

 

その時代時代を、懸命に赦そうとしている自分がいる。

 

 

僕はそれでいいと思うのだ。

 

それは違うんですよ、とか、そうじゃないんですよ、

 

と、兄弟を批判、あ、もとい、導くのは簡単だが、

 

理論通りにできるのなら、今頃全員天国だよ。

 

だから、兄弟、誰が何と言おうと、

 

今できる最大限の赦しをやればいいのだと思う。

 

誰かに何か言われたからと落ち込む必要などない。

 

先生はあくまで、内なる兄貴だ。

 

f:id:shusaku1:20191203213723j:plain

 

というわけで、

 

珠海から香港までは、シャトルバスに乗り、

 

最近開通した、海を渡るハイウェイを通って帰った。

 

すごく快適で、海のど真ん中の一本道を、

 

ひたすら30分くらい走り続ける。

 

10分おきにバスが出るので、待ち時間もないし、

 

料金もフェリーの半額で、コスパもよい。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

バスに揺られながら、神の愛に没入していた。

 

心を真空にして、聖霊兄貴にさらけ出していると、

 

愛の感覚がわらわらと湧き上がってきて、

 

巨大な多幸感に包まれる。

 

神だけが実存で、世界は無い、と、はっきり認識できる。

 

Jはきっと、この実存そのものになっていたんだろうなあ。

 

でもいい。

 

今の自分ができる最大限のキャパで神へと向かうのだ。