香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

後ろから 前から

f:id:shusaku1:20191208231148j:plain

 

♫後ろから前から、どうぞ、後ろから前から、どうぞ♪

 

♪後ろから前から、どうぞ、いつでも抱きしめていいの♬

 

 

と、畑中葉子でなくても思わず歌いだしたくなるような、

 

今日このごろのボクである。

 

 

まだ僕が中学生だった頃、夏休みに見ていた、

 

〝あなたの知らない世界〟という番組に、

 

ゲスト出演していた畑中葉子が、

 

突き立てた親指と腰を、ぐるぐる回しながら、

 

♪だからもっと動いて、もっと、もっと、もっと、もっと、

 

  ああ、溶けてゆくぅ~、溶けてゆくぅ~♪〟

 

と歌っている姿に大コーフンしたのを覚えている。

 

f:id:shusaku1:20191208231119j:plain

 

で、近頃のボクと言えば、一人家にいるときなどに、

 

意識を後ろへ向け、神の実存だけを認識していると、

 

前から神がやって来て、

 

〝ああ溶けてゆくぅ~♫、溶けてゆくぅ~っ♪〟

 

と、畑中葉子状態になるのだ。

 

 

この、ヘンタイ野郎―ッ!

 

と、罵られそうだが、それでもなんとか昼間は、

 

真面目な管理部長をキープしているのだからすごい。

 

( ⇑ ウソ!)

 

f:id:shusaku1:20191208231141j:plain

 

そんな感じで、日曜の午後である。

 

やることもないので、家の近くのジムにでも行こうと、

 

外へ出てみれば、超大規模なデモが行われていて、

 

ちょっと、びっくりした。

 

道を渡りたいが、あまりに人が多くて渡れない。

 

仕方がないので陸橋のある所まで歩き、

 

そこから、なんとかジムのあるビルまで辿り着けた。

 

f:id:shusaku1:20191208231219j:plain

 

ジムはガラッガラで、まさに貸し切り状態だった。

 

しかし、あまり体に力が入らず、ダンベルプレスの後、

 

バランスボールで腹筋をやったら気力が失せてしまい、

 

ひとりパントリーで、コーヒーを飲みながら、

 

アップルデイリーを読んでいた。

 

 

デモに参加する市民、抗議活動をする若者達、警官隊、

 

これら全てが、眼球の裏側のみで展開されている妄映で

 

ただの夢の映像だなんて…。

 

それでも、神だけが在る、という真理が理解できると、

 

本当にこれは無い、と、たとえ見えていても真に分かる。

 

f:id:shusaku1:20191208231206j:plain

 

夜、フィギュアスケートのグランプリファイナル、

 

女子フリーの演技を見る。

 

今年はみんな4回転をバンバン跳んでいて、すごい。

 

紀平選手も、トリプルアクセルなんて跳べて当り前、

 

という感じで、4回転サルコウに挑戦していた。

 

 

女子も4回転を普通に跳ぶ時代になった、と思う反面、

 

別に昔の女子選手が体力的に劣っていた訳ではなく、

 

また、技術やセンスが無かったわけでもないのに、

 

なぜ今の選手だけが4回転を跳べるのだろう、と思った。

 

 

それは、つまり思い込み、信念の問題なのだ。

 

 

男子でも難しい4回転を女子がやるなんて絶対無理 ⇒

 

男子が4回転を跳ぶのが当たり前になってきた ⇒

 

女子が練習で成功させた。女子でもできるんだあ ⇒

 

じゃあ、わたしもできるかも… ⇒ みんなやり始める

 

 

てな具合で、選手やコーチの思い込み(信念)が、

 

時代と共に次第に変化していった結果、今では、

 

女子も4回転を跳ばなければ勝てない、となった。

 

f:id:shusaku1:20191208231136j:plain

 

僕たちコース兄弟も同じように、

 

神だけが実存で、それ以外は全て真実ではなく、

 

両親も、子供も、家も、仕事も、恋人も、わたしも幻想だ、

 

が、信念にまでなるには段階を踏む必要がある。

 

それで、おお、わかったあーっ!

 

と、神をありありとを語る兄弟が増えるにつれ、

 

そっちの方が現実(リアル)になってゆくのだろう。