香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

そんなこと思っちゃダメダメ!

f:id:shusaku1:20200108013841j:plain

 

休み明けで、いきなりフィリピンのスービックにいる。

 

このまま金曜日までフィリピンでお仕事なのだ。

 

今回は、新しいキャッシュフローシートを導入するため、

 

財務の女の子たちに入力の仕方などを教えに行く。

 

 

というわけで、なんか、近頃、

 

自分が神を映す(霊である自分を映す)鏡になったよう。

 

 

神というひとつの解釈だけを通してすべてを観ていると、

 

これはセブパシの飛行機、あの人は工場の誰々、

 

という解釈からくる世界が消滅し、ただ神だった、となる。

 

また、人と話している時や、一人で何か考えている時も、

 

自分の心に湧いて出る、誰々さんはこうでああで、とか、

 

あの時、こんな事があった、あんな事があった、といった

 

批判的な思いが上がってきたとしても、

 

「あ、そんなこと思っちゃダメダメ!」ではなく、

 

それを〝個の自分の想い〟として掴まず、

 

ただ、現れては消える雲を見るように見過していれば、

 

飛行機や、工場の誰々が〝神だった〟と同様、

 

個の想いもやがて無と期し、神の実存だけとなる。

 

 

要するに、神という一つの解釈があるだけなのだ。

 

それだけになると、たとえ病気で苦しんでいたとしても、

 

失敗に見えるようなことをして、アタフタ対処していても、

 

今自分は神の中におり、神だけが在ることを思い出して、

 

今現れている神に抵抗せずにいる(赦している)ことで、

 

個の自分が、こうなってほしい、という思いとは関係なく、

 

自然になるようになってゆく。

 

f:id:shusaku1:20200108013833j:plain

 

例えば、僕は毎月、香港支社の出勤状況と稼働日数を、

 

東京本社の総務へ報告しているのだが、

 

先月の稼働日数を18日と報告したところ、

 

計算してみると17日だったので修正したいのですが、

 

と、総務の女性からスカイプが入った。

 

だが、念のために確認すると、やはり18日が正しい。

 

それで、その趣旨を返信し、この件はそれで終わった。

 

まあ、こういった、どちらが間違ってます的なやり取りは、

 

日常業務では毎日のように発生するのだが、

 

〝起きてない〟から〝神の中でしか起きていない〟

 

に変換されると、これは総務の女性とのやり取りではなく

 

神(真の自分)とのやり取りのように感じられ、

 

その中に深い〝愛〟を覚えて感謝が湧きおこるのだ。

 

f:id:shusaku1:20200108013847j:plain

⇑ 空港へ迎えに来てくれた運転手とランチ
 

 

クリスマスが明けたばかりの工場は、

 

閑散期ということもあり、どことなくゆったりとしている。

 

気温も日中が27度、夜も23度くらいと、過ごしやすい。

 

そうやって、近くの食堂でビールとピザの夕食を済ませ

 

夜8時ごろ、ホテルの部屋に戻ってきた。

 

前回と同じく、神ベッドのある部屋でくつろぐ。

 

たくさん重ねた枕に半身を起こして横たわり、

 

膝の上にパソコンを置いて何やかやしながら、

 

やがて、神の心地よさ(神の想い)の中で眠りにつく。

 

 

多分、また、意識が突然概念の方へバーンと振れ、

 

自我と同一化してびゅんびゅんするかもしれない。

 

それでも全然オーケー、自分は神の中にいて、

 

1ミリもそこから離れたことなどないのだから。

 

そして、神とびゅんびゅんしていることにする。

 

blog.hoshitani-shusaku.com