香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

シュワシュワ

f:id:shusaku1:20200111000958j:plain

 

今日は朝三時半に起き、社用車で空港へ向かった。

 

金曜の香港便は、

 

朝6時半の便を逃すと、次は夕方にしかないため、

 

どうしても、早朝に起きることになる。

 

おまけに空港内は、クリスマス休暇を終えて香港へ戻る

 

フィリピン人のアマさん達でごった返していた。

 

チェックイン→イミグレ→荷物検査→搭乗、と、

 

いくつもの長蛇の列に並び、ようやく機内の席に座るや、

 

生も根も尽き果てた僕は、即行爆睡モードに入った。

 

f:id:shusaku1:20200111001008j:plain

 

もう、あまりに眠くて、神もクソもない。

 

上げ潮のように上がってくる睡魔に包まれる。

 

それでも機内の喧騒で、完全熟睡には至れない。

 

そんな半眠半醒状態の中、あるイメージが去来した。

 

 

サイダーの瓶の底から湧き立つ泡のように、

 

思考だけがシュワシュワと立ち上がっては消えてゆく。

 

思考だけがあり、物質も自分も感情も他者もない。

 

 

どういうことかと言うと、 

 

あと数分で、この飛行機は離陸するかも、という思考、

 

会社に着いたら税務申告書を送付せねば、という思考、

 

留学時代に北朝鮮のピョンヤンへ行った、という思考、

 

ハノイでベトナム語を勉強していたので、

 

隣の席のベトナム人達の会話が聞き取れる、という思考

 

私は日本人で、独身で、香港在住の星谷周作という思考

 

ただ思考だけがシュワシュワと立ち上がっているだけ。

 

何から何まで、どこからともなく、突然、ふっと、

 

そういう思考が立ち上がってきているだけなのだ。

 

自分が何かを喋って、相手も何かを喋って、それに対し、

 

自分が怒ったり笑ったり、反応していると思っているが、

 

自分だと思っていたのも、サイダーの泡でしかない。

 

ただ勝手に起こっていて、自分では何も起こせていない。

 

ていうか、私は星谷周作、という思考があるだけなので、

 

個人の私はどこにもない。

 

f:id:shusaku1:20200111001019j:plain

 

簡単にまとめると次のようになる。

 

・心の中のどこを探しても、主体となる自分がいない。

 

・勝手に浮上する思考のみで星谷周作が作られている。

 

・泡のような思考自体には実体はない。

 

・私が実体のない、思考だけの存在なのであれば、

 

 他者も同様に、思考だけでできているはずだ。

 

瓶の底からシュワシュワ湧き出るサイダーの泡同士が、

 

シュワシュワシュワシュワ会話しているだけだ。 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

自分も他者も、過去も未来も、時間も空間も、無だった。

 

自分が乗っているこの飛行機だって、これは飛行機だ、

 

という思考が自分の中に立ち上がったからこそ、

 

飛行機を認識できている。

 

20代の時、ピョンヤンで日本赤軍の人に会った、

 

という思考が、今、ふっと立ち上がってきたからこそ、

 

心の中で、それは確かに起こった、と体感できいる。

 

ふっと立ち上がらなければ、その体験は無であり、

 

自分が意図的にそれを思い出すこともできない。

 

要するに、過去もない。

 

シュワシュワ立ち上がる実体のない思考だけで、

 

これまで自分は生きてきたことになる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

飛行機が唸りを上げて離陸したあとも、

 

自分が消えた状態は続いていた。

 

「なんや。

 

 自分は誰かと会話してると思っているけど本当は、

 

 サイダーの泡同士がシュワシュワやってるだけやん。」

 

 

「じゃあ、実在はなんやろう。僕ってなんやろ。

 

 それで変わらずここに存在する、何かがある感じ。」

 

 

次の瞬間、

 

本当の自分は、いつも変わらずここに在る神だった、

 

という理解が入り、安堵感が満ちてきた。

 

これまで自分は、泡ぶくの方を自分と思い込み、

 

同じ泡ぶくの他者とすったもんだしてきたけれど、

 

そんなものはなく、あるのは神だけだった、

 

そして、その神こそが真の自己なのだった。

 

 

なのでもう、いま、ここに在る神に抵抗せず、

 

起こっているように見えるシュワシュワを、

 

シュワシュワのまま消えてゆかせることにする。

 

シュワシュワを掴んで、

 

「なんでオレってこんなんなんや!」

 

「なんで、こんなことになるんや!」

 

とやる必要もない。

 

 

というわけで、

 

3泊4日のフィリピン出張を終え、家に戻ってきた。

 

マジ眠い。おやすみなさい。