香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛のちから

f:id:shusaku1:20200106004749j:plain

⇑よく香港の商店に飾られている服だが、いまだかつて

  この格好をして歩いている子供を見たことがない

 

昨夜は睡魔と闘いながら書いたせいか、

 

昨日アップした記事の文章があまりにひどかったため、

 

加筆訂正をした。皆様、再読いただけると幸いです。

 

 

というわけで、今日は土曜日、朝から銀行へ行ってきた。

 

出張精算でもらった現金を入金するだけなのだが、

 

前回のデモで、香港上海銀行のATMが焼かれて以降、

 

(※本当はデモ隊に扮した警察がやっていた)

 

防犯強化のための内装工事を行なうということで、

 

現在、銀行に併殺されている全てのATMエリアが

 

封鎖されているので、ATMを使うことができず、

 

現金を預けたり、小切手を入れるのに、

 

いちいち銀行のカウンターに並ばなくてはならない。

 

f:id:shusaku1:20200108013828j:plain

⇑ フィリピンにも秋があり、ススキが穂を揺らす

 

現金を入金したついでに、

 

10日にカードの金額が引き落とされたはずなので、

 

カウンターで引落し後の口座残高を調べてもらったら、

 

3万円ほどしかないことが判明。ぎえっ、あっぶねー。

 

急いで円口座から香港ドル口座へ資金移動させた。

 

まあ、今回入金した現金と、来週にはフィリピン出張の

 

精算分が入ってくるので、急場はしのげるだろう。

 

 

というのも、

 

僕の給料は全て日本の銀行口座に振り込まれるので、

 

毎回、一時帰国のたびに現金を持ち帰っているのだが、

 

今回、香港の渋谷、コーズウェイベイに引っ越してから、

 

チト、無駄遣いが過ぎたようだ。

 

 

なので、一時帰国までの間、ケチケチ生活で行く。

 

今日も、牛肉には目もくれず、200円の豚肉を買った。

 

CITY SUPER(香港版成城石井)にも近寄らないぞ!

 

財布のヒモをギュギュっと引き締めるのだ!

 

 

f:id:shusaku1:20200108013908j:plain

⇑ ごった返すクラーク空港 。普段はガラガラ。

 

自分がいない、思考だけでやっていた、ということが、

 

ばばんーっ、と入って以来、すごく楽になった。

 

 

銀行へ行くと、残高少なく、ぎょえっとなり、みたいな、

 

そんな思考のシュワシュワが立ち上がっては消えてゆく。

 

しかし、それを考えている自分はどこにもいない。

 

別の肉体が何かシュワシュワ言い、

 

こちらがそれにシュワシュワ反応する。

 

泡ぶく同士の会話が、主体もなく起きているだけである。

 

 

思考の泡ぶくは消えるに任せ、

 

実存である神の想いが全体だったことを思い出す。

 

その全体の中に真の自己(霊/スピリッツ)が在る。

 

言葉では本当にうまく表現できないのだけれど、

 

実存が復帰してくると、泡ぶくも神の愛の反映となる。

 

 

もう、いまここに在る、神に抵抗しない。

 

僕達は、テレビや誰々さんに気づいているのではなく、

 

本当は神に気づいている。

 

これまで神の〝愛してるよーっ〟を完全無視してきたが、

  

シュワシュワだけでやってきたことが明らかになると、

 

神に戻らざるを得ない。

 

f:id:shusaku1:20200111000950j:plain

 

神社仏閣の神様や仏様ならまだギリ受けいれられても、

 

本質、実存としての〝神〟を語りだすと、途端に人々は

 

胡散臭そうに顔をしかめ、スルーしようとする。

 

それは、スピや非二元の世界でも全く同様である。

 

それでも、神を語らずには説明がつかないので、

 

苦肉の策として〝これ〟とか〝それ〟と言ったりする。

 

 

しかし、非二元でよく使われる、

 

〝これ〟とか〝これだけ〟といった表現には、

 

ひとつだけ欠落した部分がある。

 

それは〝神の愛〟だ。

 

愛そのもので作られたのが自分なのに、

 

どうして、神という言葉を避けようとするのか、

 

問題はそこにある。

 

 

神という言葉には、愛を思い出させる力があるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com