香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

もう行かせてくれっ!

f:id:shusaku1:20200111000856j:plain

 

今日の日本は、

 

成人の日で祝日だったが、香港は平日である。

 

金曜に日本へ一時帰国するので、月末までの仕事を、

 

ここ数日で片づけねばならないため、非常に忙しい。

 

それでも、いま、起こっていることに抵抗しない、

 

つまりは、いま、ここに在る神に抵抗せず、

 

忙しいーっ、これもやってあれもやって、きいぃーっ、

 

という思考をただの思考として観察し、

 

ただ〝行かせて〟やっていると、

 

それは現れては消えゆく泡ぶくでしかない、となり、

 

忙しいながらも、リラックスしていられる。

 

f:id:shusaku1:20200111000850j:plain

 

思考だけでシュワシュワやってたことに気づくと、

 

何かを恐れる自分もいなければ、

 

何かを言ってくる他者もいない、と理解が起こる。

 

ただ、思いが立ち上っているだけで、

 

自分では何ひとつ考えたり、決めたりしていない。

 

なのに、

 

何の脈絡もなくふっとやってくる想いをとらえ、

 

これは自分が考えた、自分が決めたと思い込んでいる。

 

実際には、

 

決めている自分も、何かを思っている自分もいない。

 

自分が本当に何かを思ったり、決めたりできるのなら、

 

次に何を思うか、何を決めるかが分かるはずなのに、

 

次にどんな思考が出てくるか、僕らは知るよしもない。

 

 

〝私〟という自覚も、こうこうこういうのが私だ、という

 

考えが上がってきているだけで、その私に実体はない。

 

そして、これと全く同じことが他者に対しても言える。

 

 

それよりも、 

 

 

そんなニセモノの私とは関係なく、その背後で、

 

絶えずたゆたっている〝神の想念〟に気づいてゆく。

f:id:shusaku1:20200111000842j:plain

 

なんて言うか、思考や肉体の自分が消えても、

 

まだ何かが在る、自分が存在している感じ、気配、

 

それが神だ。

 

神の想念は、変化することも、消えることもなく、

 

いつもここに在って、愛と悦びそのもので存在している。

 

 

それは、恋をした時や、春の息吹を感じた時に起こる、

 

キュンキュンするような、ムラムラするような感覚、

 

または、

 

何かに感動しり、誰かの優しさに感謝した際に生じる、

 

愛と歓びの感じに似ている。

 

 

例えば、

 

ケーキを食べて、おいしいーっ、と感じているとき、

 

それはケーキではなく、神のを感じているのであり、

 

誰かに「ありがとう」と言う時、それは神に感謝している。

 

その単純な事実に気づくことが、

 

神に気づく、ということの意味である。

 

 

そして、

 

何より間違えてはならないのが、神に気づいたとき、

 

「あっ、神だ!」と気づいた自分が自分なのではなくて、

 

気づかれた神の方に真の自分がいる、と理解すること、

 

それが神を理解することであり、

 

真の自己(スピリット)を発見するということになる。

 

 

それでは今日はこの辺で、さいならー!