香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

確かに感じる何かの気配

f:id:shusaku1:20200117040127j:plain

 

悟り系や非二元、その他様々な分野のスピ教師達が、

 

世界はない、誰もいない、何も起きてない、

 

と言っているのを聞いても、頭では理解できるものの、

 

なかなかそれを体験として生きれている人は少ない。

 

 

世界が無いのは知っているけれど、やっぱり、

 

椅子はここにあるし、美味しいケーキは美味しい。

 

誰もいない、のはわかってはいるけれど、やっぱり、

 

夫や子供や上司はここにいて、色んなことを言ってくる。

 

何も起きていない、ってあの本に書いてはいるけれど、

 

実際、家賃やローンの支払いは期日通りにやってくる。

 

それでも、世界は無い、誰もいない、何も起こってない、

 

と聞いた時の〝真実の匂い〟は感じている、

 

とまあ、こんなところではないだろうか。

 

 

それでいいのだと思う。

 

ここに見え、聞こえ、考えているものに抵抗せず、

 

ただ、ありのままを見すごしてゆく。

 

すると、その背後に、何か別の〝存在感〟が見えてくる。

 

無いと言っても在る何か、いないと言っても感じる何か、

 

確認できないが確かに在る何かの気配、それが神である。

 

 

僕たちは、神を、椅子やテーブルと見間違えている。

 

僕たちは、神を、ローンや家賃と理解してしまっている。

 

僕たちは、神を、苦手な誰々さんと思い込んでいる。

 

要するに、あらゆるモノに対して勘違いをしているのだ。

 

これって、うちの父親もびっくり、な重度の認知症である。

 

 

それを、神というひとつの解釈だけで見てゆく。

 

神として見てゆこうという意志を持った瞬間、僕達は、

 

すでにJ兄貴と共に見ており、聖霊と一つになっている。

 

f:id:shusaku1:20200117040132j:plain

 

というわけで、

 

明日から17日間の日本一時帰国休暇の始まりである。

 

同僚たちからは、全てを忘れて休暇を楽しんで下さい、

 

とか、電話とかメールを入れないように気を付けます、

 

といった、多くの暖かい言葉をいただいた。

 

佛山工場があった頃は、駐在員も多数駐在しており、

 

旧正月のこの時期、

 

皆、一斉に長期の一時帰国休暇を取っていたので、

 

あまり特別な感じはしなかったのだが、

 

海外駐在員がたった二人となってしまったいま、

 

「自分だけスンマセン!」という気がしないでもない。

 

それでも、今回、

 

多くのコース兄弟たちと語り合うのが本当に楽しみだ。

 

今年の日本は暖冬で、そんなに寒くないらしいし、

 

ゆったり、まったり、と、日本の冬を楽しもうと思っている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com