香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

赦すなら、必ずオチまでもってゆけ!

f:id:shusaku1:20200118231838j:plain

 

実家に戻ると、香港で事前にアマゾンで購入しておいた

 

商品の数々が自分の部屋に山積みになっていた。

 

「一日に何回も配達にきてくれはって、もうほんま、

 

 配達の人に申し訳なかったわぁ。」と82歳の母が言う。

 

 

ヒアルロン酸100%原液、アスタリフト保湿ジェル、

 

IPSシャンプーなどの、定番アイテムのほか、

 

英雄ブランドの小説家万年筆を購入した。

 

二本セットで2700円也。とてもこの値段には見えない。

 

書き心地もサイコーで、紙の滑りもよい。

 

仕事用には不向きだが、小説のプロットを練ったり、

 

ふと、思ったことを書き留めたりするのに使うつもり。

 

 

それから、なぜかもう一度読みたいと思い立ち、

 

エックタルトの〝POWER OF NOW〟を購入したら、

 

それ〝もどき〟な抜粋本が来た。 きいーっ!

 

f:id:shusaku1:20200118231827j:plain

 

この英雄万年筆が本当は神だった、と気づくのと同様、

 

意識にふっと湧き上がってくる様々な思考、例えば、

 

誰かが何気なく言った一言に対して、

 

死ねばいいのに、と瞬間的殺意を覚えたり、

 

今のこの幸せを失ったらどうしよう、と恐怖を感じたり、

 

誰かをどうのこうのと批判したい気持ちが起こった時も、

 

やはり、その思いの本当の姿は神の想いでしかない。

 

 

これはダメ、あの人はイヤ、傷ついた、腹立つ、悲しい、

 

何でもいいが、それら、愛が欲しいという叫びの奥にも、

 

やはり、聖霊や神が隠れている。

 

逆に言えば、神を隠すために、悩んでいる。

 

f:id:shusaku1:20200118231833j:plain

 

自分の中から湧き上がってくる想い、

 

相手から立ち上がってくる思考の泡ぶくを見すごし、

 

その背後にたゆたう、愛の想いに気づく。

 

それが、真に罪悪感を直視することの意味である。

 

ただ、恐怖や怒りや不安を、ジトーっ、と直視しながら、

 

あぁーっ、ううーっ、ひいぃーっ、やめてぇーっ、と、

 

罪悪のエクスタシーにのたうち回ることではないのだ。

 

それは天国のエクスタシーだったと気づくことであり、

 

そして、神に気づいているのが自分ではなく、

 

気づかれている神の方が自分(霊)だった、

 

という〝オチ〟まで持っていくことである。

 

 

つかんで、ボケて、ツッコんだら、

 

最後は〝オトす〟のが関西人の常識や!