香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

勝手に起きてる人生なんて

f:id:shusaku1:20200121024409j:plain

 


昨日は、コース兄弟たちと新地で新年会だった。

 

久々に、ちゃんとした日本料理を食べた。

 

個室だったので、気兼ねなく大声で神を連呼でき、

 

たくさん神や愛について話し、楽しい時間を過ごした。

 

その中でも、ある兄弟の言ったことが印象に残った。

 

 

道を歩いていて、路地から車がさっと出てきた、とか、

 

前から人相の悪い男がやってきて通り過ぎていった、

 

とか、信号待ちで偶然知り合いに出くわした、といった、

 

何気ない日常の一コマ一コマはすでに決まっていて、

 

完ぺきに仕組まれ、シンクロしている、というものだ。

 

f:id:shusaku1:20200121024413j:plain


 

食事中の何気ない雑談として話された会話だったが、

 

なぜかとても深く印象付けられた。

 

結局、この夢の世界は、すでに撮り終えた映画が、

 

シナリオ通りに進行していっているに過ぎない。

 

いきなりパソコン壊れる、というのまで決まっている。

 

あのとき、床に落としたからパソコンが壊れたんだ、

 

というのも、すでに仕組まれた筋書きだ。

 

ただ、次に何が起こるか知らない僕たちは、

 

起こったことにいちいちちょちょ舞い、対処する。

 

そして、ちょちょ舞い、対処するというシナリオを、

 

役になりきって演じることで、映画(自我)は存続する。

 

f:id:shusaku1:20200121024418j:plain

 

なぜ、物語は決まっている、と言えるかというと、

 

いくら、人生は自分で切り開くものであり、

 

自分次第でどうにでも変えられるものだ、と言っても、

 

人生をこう切り開いていこう、という思いが、

 

勝手にふっと湧き上がってこない限り、

 

僕らはそれを選択することは不可能だからだ。

 

そうやって、意味なく、ふっと湧き上がって来た思いを、

 

自分で決めた、とか、自分の人生だ、と言っている。

 

 

なので、この夢の世界で、にっちもさっちも行かないとき、

 

自分の力でその状況を変えることなどできない、

 

と観念することだ。

 

すると、心に隙間ができ、ストーリーから解放される。

 

なんであの人はああなんだ、といっても無駄な話だ。

 

変わるかどうかなど、その人が決めるのではなく、

 

ふっ、と起こってくる想いや出来事で結果は決まる。

 

 

自我は、僕達が、決まっているストーリーに一喜一憂し、

 

必死で打開策を見出しながら葛藤することで存続する。

 

だから、そのストーリーを〝意味ねえ!〟と抵抗せずに、

 

見すごすことが、ストーリーから抜け出す一歩となる。

 

 

勝手に起きている人生なので、

 

勝手に起こるままにさせてやることで、

 

勝手になるようになって消えてゆく。

 

なにも心配する必要などない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そして、ストーリーが自分ではないと分かり、

 

今ここに在る神に抵抗しなくなった時、

 

本当は、そっちが自分だったと理解するのだ。

 

そうなることで〝もっといい世界〟が見えてくる。

 

 

とまあ、そんな感じで、兄弟たち、ありがとう!

 

また遊ぼな!