香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

何だか、近頃、いい感じ

f:id:shusaku1:20200131023034j:plain

 

今日は、朝から荷造りをし、正午前に実家を出た。

 

姿が見えなくなるまで、家の前で母が手を振っていた。

 

関空特急はるかに乗り、関空へ向かう。

 

空港はガラガラだった。

 

カウンターチェックインから、荷物検査を経て、

 

イミグレを抜けるまで10分かからなかった。

 

f:id:shusaku1:20200129234254j:plain

 

飛行機の中で、ちょっとやばいかも、と思った。

 

なんだか熱っぽく、体もだるい。少し寒気もする。

 

ひょっとして…?と思いながらも、眠ることにした。

 

まあ、香港に着くころには、体調は回復していたが、

 

油断は禁物、今日と明日は部屋から出ないつもりだ。

 

 

香港の街も閑散としていた。

 

土曜日なのに、地下鉄にほとんど人がいない。

 

大陸から客が来ないからか、ブランド店も閉店している。

 

 

コロナウイルスは湿気に弱い、という専門家もいるが、

 

僕の2003年の経験でいえば、まだ寒かった1月2月は

 

変な風邪が流行しているな、くらいだったのが、

 

3月に入り、気温が上がって、湿度が増した途端、

 

一気にウィルスが拡散され、激症化する人が増えた。

 

 

とはいっても、自分にできることは限られている。

 

僕にできることは、なにが起きても、起きなくても、

 

歓びの中でいい感じですごす、ということだけだ。

 

 

f:id:shusaku1:20200129234250j:plain

 

で、僕がいい感じになるのはどんな時か、と考えてみた。

 

好きなマッサージ師にマッサージをして貰っている時、

 

筋トレをしている時、部屋で一人ワインを飲んでいる時、

 

寝落ちする寸前、創作をしている時、休みの日の前夜、

 

などなど、明日のことを憂いていない、

 

とても平安で安全感に満ちている瞬間こそが、

 

僕にとっての〝いい感じ〟だと言える。

 

 

そして、

 

この〝いい感じ〟こそが神の歓びの象徴であり、

 

いい感じを感じる時、神そのものになっている。

 

 

リラックスして心が緩み、いい感じと一体になっていると、

 

自分が不在となり、いま起こっていることに抗うことなく、

 

完全に受け容れている状態となる。

 

なので、神につながるコツと言ったらヘンなのだが、

 

自分が神だったことを思い出したいとき、

 

自分が平安になれることをするようにしている。

 

 

例えば

 

仕事中でも、ちょっと外へコーヒーを飲みに行ったり、

 

お風呂で好きなミュージシャンの音楽を聞いたり、

 

お気に入りのカフェで創作したり、読書をしたりする。

 

すると、何だかいい感じとなり、そこで神を発見する。

 

f:id:shusaku1:20200128003703j:plain

 

逆に、いま、大きな葛藤と動揺の真っ最中にあり、

 

とてもいい感じになどなれない、という場合、

 

僕は、ひとり、自分の家や、会社のトイレの中などで、

 

思い切りネガティブに徹する。

 

〝ぐじゅぐじゅメソメソ〟と徹底的に落ち込む。

 

なぜなら、ネガティブな状態の時というのは、ある意味、

 

オチている状態こそが〝いい感じ〟となっているので、

 

無理やり神の悦びに入ろうとするより、

 

おもいきり、膝抱えて、落ち込んだ方が安定する。

 

 

例えば、僕が以前から苦手だった部門長会議であるが、

 

もうすぐ自分の発表の番が回ってくるとガチガチしながら

 

いい感じになどなれるはずもないので、ならばいっそ、

 

今に抵抗せず、今この瞬間でのいい感じ、すなわち、

 

とことん緊張しまくることを全うする覚悟を決めると、

 

案外、一周回って、ああ、もう大丈夫、となる。、

 

なんていうか、いい感じも、よくない感じも、表裏一体で、

 

元は同じ神なので、出てくるものに抵抗せずにいると、

 

自然といい感じになってゆく。

 

 

というわけで、

 

今回の新型肺炎も、いい感じ、で見すごしてゆくぜ!