香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

涙の日曜日

f:id:shusaku1:20200129024339j:plain

👆英語、広東語、ベトナム語、語学のおさらい👆

 

 

今日は一日、部屋から一歩も出ずに過ごした。

 

食事は冷凍の餃子を焼いて食べた。

 

自分一人だけの部屋で、コーヒーを淹れて飲んだり、

 

小説のプロットを考えて過ごしたり、何を思ったのか、

 

留学時代のノートを引っ張り出し、語学の勉強をしたり、

 

自分が〝いい感じ〟になれることをして過ごすうち、

 

神の想いに繋がり、愛と感謝と悦びに凌駕された。

 

こんなとき、神はずっとここにいたことが知覚され、

 

思わず涙がこみあげてくる。

 

例えば、AKB48の楽曲 『サステナブル』 のMVを、

 

YOUTUBEで見ているだけで、号泣してしまう。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

ただ、誤解を避けるために言うならば、

 

AKB48や、いい感じ自体が神なのではない。

 

AKB48やお気に入りのカフェでまったりすることは、

 

神に気づくための一種の〝呼び水〟であり、

 

その〝いい感じ〟がきっかけとなって、神だぁー、となる。

 

 

それは、テレビのリモコンでTBSのボタンを押した瞬間、

 

リモコンからTBSと同じ周波数の電波が出ることで、

 

テレビがTBSの周波数と共振し、

 

画面にTBSの番組が映るのと同じ原理である。

 

 

なので、リラックスしている時、好きな事をしている時、

 

心地よい空間にいる時、大好きな人といるとき、

 

僕たちは時間のない時間にいることになり、

 

いま、この瞬間に在る神に周波数が合っている。

 

f:id:shusaku1:20200203004508j:plain

👆 土曜午後の地下鉄。人、少なっ! 👆
 

 

じゃあ逆に、誰かから攻撃をされて落ち込んでいたり、

 

トラブル続きで、とてもいい感じになどなれない時は、

 

一体どうすればいいのか、というと、

 

それら〝嫌な感じ〟を通して〝いい感じ〟を知る。

 

どういうことかというと、

 

誰かから思い切り無視されたり、意地悪をされたとする。

 

そんな時、攻撃されているみじめな私、ぐすっ、ではなく、

 

攻撃されてこんなに嫌な感じになっているということは、

 

本当の自分は、優しさが欲しかったのだ、と知る。

 

攻撃されることが〝嫌な感じ〟だと知ることで、

 

優しさこそが〝いい感じ〟だったことを知るのだ。

 

また、金欠でピーピー言っていたとする。

 

そんな時、ボンビーでみじめな私、ピーピー、ではなく、

 

本当は金銭ではなく、豊かさを欲していたことに気づく。

 

お金がないことで、豊かさこそが神だと知るのだ。

 

 

ただ、知ったからと言って何か具体的に動く必要はない。

 

優しさや豊かさが神であり、それに気づいた時点で、

 

真の自己(神の中の自己)に気づいている。

 

真の自己は、行動や結果とは何の関係もないからだ。

 

 

それでも、ネガティブな状況から抜けられないのなら、

 

2、3日会社を休んででも、とことん落ち込めばいい。

 

そこから、本当は安らぎが欲しかった自分に気づき、

 

ハートへと回帰してゆけばよい。

 

こうやって、神の世界にいる時間を増やすことで、

 

神との関係を再構築してゆくのである。

 

 

なんだか、とっちらかってしまった。

 

おやすみなさい。