香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

引き寄せの法則的一日

f:id:shusaku1:20200206003238j:plain

 

今日も自宅でお仕事をした。

 

僕の家には名ばかりの書斎があるのだが、

 

書斎で何かをしたのは、引っ越し以来初めてかも…。

 

普段はソファに足を投げ出して座り、

 

両腿にクッションを乗せ、その上にノートパソコンを置いて

 

なんやかやしている。

 

 

今日、陳弁護士の事務所から電話があり、

 

再度、僕に、旧会社の清算業務を手伝ってほしい、

 

と、打診を受けた。

 

彼(陳弁書士のパートナーの弁護士さん)が言うには、

 

旧会社の佛山工場の清算が終わり、

 

今後は香港法人のクローズに着手するのだが、

 

税務や会計監査など、香港での業務が難航しており、

 

香港での細々とした事務処理を請け負ってほしいという。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

現在所属する新会社の業務に支障が出始めたため、

 

ふぁちゃんを契約解除した去年の夏以降、

 

全ての業務を陳弁護士の事務所へ移管し、

 

僕は旧会社に関するすべての業務から退いていた。

 

しかし、旧会社の三代目慶応出の元お坊ちゃま社長が

 

あまりに何も知らないため、途方に暮れた陳弁護士が、

 

助けてほしいと言ってきたのだ。

 

 

大好きな陳弁護士からの依頼でもあり、

 

香港に関する業務だけなら、と引き受けることにした。

 

f:id:shusaku1:20200118231745j:plain

 

いくらほしいですか、と、

 

僕が受け取る毎月の希望報酬額を聞かれたので、

 

しばし沈黙し、自分の中でしっくりくる金額を探した。

 

15,000香港ドル(約22万円)と答えた。

 

月に数回、香港の会計事務所とやり取りするだけで、

 

この金額は高額だと自分でも思う。

 

案の定、相手は難色を示した。

 

以前の僕は、これくらいなら相手が納得するだろう、と、

 

忖度した金額を言っていたが、今回、結果には期待せず

 

あくまで自分が最も心地よく仕事できる金額を提示した。

 

この金額の小切手を、毎月香港ドルでもらえれば、

 

今後、日本から日本円をハンドキャリーする必要もなく、

 

家賃も会社に払ってもらっているので、贅沢しなければ、

 

男一匹、なんとか香港で暮らして行ける。

 

 

今この瞬間を赦す、を実践していると、罪悪感がなくなり

 

本当はこうしたい、がストレートに出てくる。

 

なぜなら、いくらほしいですか、と言ってくる相手も、

 

自分が自分に言っているように感覚化されてくるので、

 

忖度なく本音でやり取りしていいように思えてくる。

 

 

とまあ、そういう感じで、今日は何の赦しにもならない、

 

〝引き寄せの法則的一日〟であった。(笑笑)