香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

法悦男子

f:id:shusaku1:20200212234249j:plain

 

今日は、正午からトレーナーと筋トレだった。

 

最近、トレーナーは僕にあまり高重量を挙げさせない。

 

その代わり、軽いウェイトで丁寧にゆっくりやらせる。

 

その方が成長ホルモンを出すには有効らしい。

 

 

その後、マッサージに行くつもりだったのだが、

 

新型肺炎の影響で20日まで店が休み、ということで、

 

午後は、家で、読書をして過ごした。

 

ソファに足を伸ばし、コーヒーを飲みながら、

 

英文法の本と、張賢亮の小説と、エッグハルトを読む。

 

こういう心地よい時間はまた、神に在る時間でもある。

 

神に在る時間とは、今に対する抵抗が起きない時間だ。

 

そういう、心が比較的落ち着いていて穏やかな時は、

 

思考をただの思考として見過ごすことも容易にできる。

 

f:id:shusaku1:20200214005849j:plain

 

たとえ、仕事で大問題に直面していたとしても、

 

明日の支払いに四苦八苦していたとしても、

 

四六時中、人間関係の事ばかり考えていたとしても、

 

ほんの短い時間でも、それらのことを忘れて、

 

今の自分ができる範囲で心地よい事をするのは可能だ。

 

例えば、カフェでコーヒーを飲みながらぼーっとしたり、

 

大好きな歌手の歌を聴いたり、散歩をしたりする。

 

一日のうち、それくらいの短い時間なら、

 

いま、直面している問題を忘れ、

 

ほっこりと、平安いることができるはずだ。

 

とりあえず、その時間だけは、いまにいて、

 

そのコーヒーや歌に抵抗せずに過ごすのだ。

 

それが、ここに在る神を受けいれるということである。

 

 

ほかの時間は思い切り悩んでいてもいいから、

 

まずは、少しでいいから、神を感じる時間を作ること、

 

そして、神を感じるとは、いま、ここに在るコーヒーや

 

テレビ番組や、木々のさざめきを感じるということだ。

 

 

だって、海でおぼれているとき、助けてーっ、と、

 

手足バタバタで、ギャーギャー暴れ回っていたら、

 

救助隊(聖霊)だって、救助のしようがないのと同様、

 

人生の嵐の真っ最中な時だからこそ、

 

溺れまいと、ばたつかせている手足の動きを停める。

 

そうして、一瞬、僕たちが神の方へ向いた隙に、

 

救助隊は、さっと僕たちを救い上げるのだ。

 

 

こうなると、だんだん、

 

 

助けてーっ⇒ て、誰が助かるん?⇒ 誰もおらへん⇒

 

考えだけが出てる⇒ 思考だけが湧いてるだけやん⇒

 

世界も思考や⇒ なに?この愛の感覚⇒ 神やん!

 

⇒これも、あれも全部神やん⇒ うわ、神がおる⇒ 

 

自分も神と同じものやったんや⇒〝それ〟が自分や

 

 

となり、問題だと思っていたものも自然と溶けてゆく。

 

(と思う。多分…)

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

心地よいついでに、久々に瞑想をしてみた。

 

結果、爆睡。

 

ああ、法悦…。