香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

とことんテンパる

f:id:shusaku1:20200214005928j:plain

 

今日は、あの…、あの…、恐怖の部門長会議であった。

 

正確には、元恐怖の…、というべきか。

 

まあ、スカイプ参加とはいえ、大勢の前で発表するので、

 

ドキドキビュンビュンは、あるにはあるのだが、

 

間違いを指摘されたり、責められたりする恐怖から、

 

わなわなとテンパってしまう、みたいなのは無くなった。

 

なぜなら、兄弟が愛以外のものであるはずがない、

 

と心底理解しているのと、それになにより、

 

愛である兄弟から責められることが起きるのなら、

 

よろこんで思う存分責められます、というような、

 

ドM感覚に似た〝法悦〟が根底にある。

 

f:id:shusaku1:20200214005942j:plain

 

それで、僕は、ハタと気づいたのだ。

 

何かにテンパったり、ギンギンにちょちょ舞ってる時って、

 

ちゃんと、今、この瞬間にいれている、と…。

 

 

どういうことかというと、

 

例えば、

 

厄介で急ぎの業務メールが、どわーっと来て、

 

一つ一つに必死で返信を返しているときとか、

 

会議の直前になって資料の不備が発覚し、

 

あと10分で修正しなければならないときとか、

 

仕事のクレームが退社時間ギリギリに入り、

 

頭をフル回転させながら、対応策を講じているときって、

 

ちゃんと、いま、この瞬間に集中できている。

 

 

これまで、僕は、焦ったり緊張する状態というのは、

 

どこか無意識状態で、自分を見失ってる状態である、

 

と思っていたが、よく考えると、テンパってる時って、

 

それ以外の事を考える余裕など全くなく、

 

その問題に一点集中しているので、

 

 過去でも未来でもなく、

 

いま、ここに在る問題に取り組めている。

 

そして、そのテンパってる元凶である問題こそが、

 

今この瞬間に在る神なのである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

なので、こういう非常に緊張する場面に直面した時、

 

逆に、とことん、思い切り、テンパってみるのも手である。

 

最も恐れているものの中へ、ぎゅーっと入ってゆくと、

 

実はそれは神だった、となったりするからである。

 

僕たちは、自我を恐れてテンパっているのではなく、

 

本当は神を恐れていたのだ。

 

そのことに気づくことで、

 

神を恐れながら、神を求める、という、

 

世にも奇怪なことをしている自分にも気づいたりする。

 

 

だから、ガチガチにテンパることは悪いことではない。

 

テンパっている自分をバシバシバッシングする必要もない。

 

究極にテンパりまくることで、今に在ることができ、

 

いまここに在る神が見えてきたりするからだ。

 

その、いまここに在る神への抵抗を止めることで

 

神を思い出してゆく。

 

 

というわけで、兄弟よ、

 

安心して、思う存分テンパるのだ!