香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

我を忘れて…

f:id:shusaku1:20200214005909j:plain

 

新型肺炎への対応策として、会社が出張を禁じたので、

 

毎日、オフィスで仕事をしている。

 

香港支社のオフィスは、もともと3人しかいない上に、

 

背の高いパーテーションでデスクが仕切られているため

 

各人のプライバシーが確保でき、快適である。

 

例えば、出張が無いと事務仕事がはかどる、はかどる。

 

がっつり、パソコンの中の数字に集中できる。

 

また、そうやって、仕事に没頭している時というのは、

 

完全に我(われ)を忘れ、今、この瞬間に集中している。

 

我を忘れるとは、

 

読んで字の如く、自我を忘れる、ということでもある。 

 

 

まあ、我を忘れて何かに没頭する、と言えば、

 

興味のある、大好きな趣味や仕事に没頭する、

 

みたいなことを想像しがちだが、

 

なにも、好きなことだけが、我を忘れること、ではない。

 

f:id:shusaku1:20200214005900j:plain

 

例えば、

 

会議の席で、すっごく緊張してテンパっている時、とか、

 

あと10分でこの仕事を終わらせねばならない時、とか、

 

スマホを家に置いてきてちょちょ舞っている瞬間、とか、

 

ある人から何か言われて、怒りで夜も眠れない時、とか、

 

急行電車の中で、突然、下痢の痛みに襲われた時、など、

 

そんなとき、

 

僕たちは完全に我を忘れて、今、この瞬間にいる。

 

たとえそれが、心地悪い状況の最中、であっても、

 

神に繋がっている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

だから、我を忘れたら、

 

自分は今、神を思い出しているのだな、と思って、

 

思う存分、神の中(仕事や厄介ごと)に没入すればいい。

 

神に在る自覚さえあれば、絶対、悪いようにはならない。

 

電車で運子は漏らさないから…。(と思う。多分…)

 

 

逆に、

 

はっと我に返る時こそが、自我に返る時、となる。

 

電車で下痢になり、駅に着いて、トイレまで数メートル、

 

と、我に返った瞬間、

 

腹痛がマックス100%に達するのと同じである。

 

(👆 この例えで合っているのか、疑問だ。)

 

 

とまあ、そんな感じで、

 

毎日、事務員生活を満喫しているボクであるが、

 

神へと帰還する旅はまだまだ続くのである。