香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

遅れて来た反抗期

f:id:shusaku1:20200223231527j:plain

👆 香港にお米が無い、と週報に書いたら、  👆    

  社長からお米が送られてきた。ひゃっほーい!

 

 

今日は、トレーナーと筋トレの日だった。

 

筋トレ中の雑談で、トレを初めてもうすぐ三年ですね、

 

という話になり、今後、新型肺炎が落ち着いたら、

 

セッションの回数を週2回に増やし、初心に戻って、

 

食事も一から見直して肉体改造したい、と僕は言った。

 

 

すると、トレーナー氏が、

 

「しかし、星谷さんは最近、ちょっと反抗期で、

 

 あまり僕の言うことを聞いてくれないんで…。」

 

と、何気なく言ったのを聞いて、あっ、と思った。

 

 

そういえば、トレ直前に、トレーナーに確認することなく、

 

メニューを無視して勝手に胸を鍛えてしまっていたり、

 

そのやり方だと全然筋肉痛にならない、と文句を言ったり

 

食事メニューに炭水化物が多すぎる、と、

 

ことあるごとに駄々をこねていた。

 

それで、彼にとってはちょっと困った客、というか、

 

どう指導すればいいか、少し悩んでいたらしいのだ。

 

 

「ああ、オレ、こんなところで〝やっ〟ちゃってたんだあ。」

 

と思った。

 

昔、元コンババ部長から言われて嫌だな、

 

と思っていたことを、トレーナー氏にやっていた。

 

 

すみませんでした、ときちんと謝った。

 

これからもよろしくお願いします、と頭を下げた。

  

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

例えば、借金を返していないことで生じる罪悪感を、

 

心の中だけで赦そうとするより(👈ていうか、無理だろっ)

 

むしろ一生懸命働いて、少しづつ返していくか、または、

 

実際に謝って誠意を見せた方が赦しが早いのと同様、

 

直接、きちんと謝ることで、幻想の罪悪感も消えてゆく。

 

金を借りたら返す、悪いと思ったら謝る。

 

要は、赦す前に、まず人として、

 

普通にするべきことを普通にする、ということである。

 

 

おっと、横道に逸れてしまったが、そんなわけで、

 

ここ最近〝人にやられて嫌なことを自分がやっていた〟

 

パターンに気づかされることが多い。

 

気づいてちゃんと赦して行けるいまだからこそ、

 

僕の兄貴がここぞとばかりに出してきているのだろう。

 

僕は100%、兄弟たちに、兄貴に、神に守られている。

 

そう思った瞬間、

 

神の歌が聞こえて来て、ちょっと泣いた。(笑)