香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

国家というエゴ

f:id:shusaku1:20200227000331j:plain

 

なんだか、日本でも新型肺炎が大変になってきたらしく、

 

うちの東京支社でもフレックスタイム制を開始した。

 

中国では、

 

習近平が経済優先路線を打ち出したその翌日から、

 

なぜか、広東省では感染者数がゼロに近い数になり、

 

感染者の3分の1が退院し、道路の封鎖が解除された。

 

ニュースでは、我々はウィルスとの闘争に勝利した、

 

などと謳っているが、どう見ても、ウソくさい。

 

それに、ウィルスと闘争って…どういうこと?

 

もう、ウケすぎて、吉本新喜劇の領域である。

 

 

それでも、中国の友人などに訊いてみると、おおむね、

 

「中国政府の対応は素早く、的確で、指導者は偉大だ。」

 

みたいな反応に終始している。

 

中国の市民によって撮影された、リアルな映像の数々

 

を見ている僕としては、なんとも複雑な心境だ。

 

 

中国版ツイッターであるウェイボーなどに投稿された、

 

新型肺炎の現状を伝える市民の映像や写真などは、

 

ほぼ、投稿と同時に削除されてしまうため、

 

中国国内の人たちは真の現状を知ることができない。

 

感染者数も、どういう根拠でカウントされているのかが

 

示されておらず、まったく信ぴょう性がない。

 

それでも、統制されることに慣れている大陸の人たちは、

 

政府の言っていることを、なんとなく信じてしまっている。

 

f:id:shusaku1:20200225233819j:plain

 

ウソ、統制、制限、誘導、建前、支配、分離、強権、

 

国家って自我そのものじゃん、と思った。

 

しかし、よく考えてみると、国家など、実在するのか?

 

そもそも、国家はどこにあるのだろう。

 

僕たちは、何を以って国家と呼んでいるのか。

 

習近平や安倍総理は国家ではないし、

 

法律や、国会議事堂や、国民も、国家ではない。

 

領土が国家かというと、それもまた、ただの土地である。

 

要するに、国家とは理念でしかなく、虚像でしかない。

 

株や通貨と同じ仕組みで、

 

多数の人たちがそれに価値がある、と信じることで、

 

存在していない国家という概念を実在化させている。

 

そして、自我もまたしかり、で、僕たちが認めなければ、

 

それを実在させることはできない。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

いま、この瞬間には、国家など存在しない。

 

いま、この瞬間に在る神の中には、自我など無い。

 

いま、この瞬間に見えているのは、神が反映された、

 

小鳥のさえずりであり、春の木漏れ日であり、

 

毛布の心地よさであり、友人の笑顔である。

 

いわば、真の国家(神の国)は、その瞬間の中に在り、

 

そこでは、自分が国家(神の国)そのものとなっている。

 

そうなれば、夢の現実の中で、

 

中国にいようと、日本にいようと、何の関係もなくなる。

 

 

今、ここに在る神に留まることで、幻の国家は消える。