香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いやいやいやいや

f:id:shusaku1:20200304193339j:plain

 

コロナウィルスの影響で、定時に帰れるようになり、

 

(って、昔から定時で帰ってるやろ by元コンババ部長)

 

毎晩、自宅までの帰路を楽しんでいる。

 

僕は香港の渋谷、コーズウェイベイに住んでいるので

 

(おーほほほっ!)街も通りも、オシャレで華やかである。

 

これまでは、スーパーで、ささっ、と買い物を済ませると、

 

そそくさと自宅へ直行していたのだが、最近では、

 

ヴィクトリア公園でバスを降り、ゆったりとした足取りで、

 

今、ここに在る風景の中に、神の愛を感じながら歩く。

 

f:id:shusaku1:20200304194004j:plain

 

このように、

 

今、この瞬間に在る神そのものとなって過ごしていると、

 

固定された世界が横へ流れて行くような時間感覚から、

 

無数の世界を縦に貫くような時間感覚へ移行を始める。

 

そうなると、周囲の風景や人々が、芸術作品のように、

 

美しく、完ぺきなものとして映し出されてくる。

 

比喩ではなく、本当にそのように見えるのだ。

 

建物も、風景も、道行く人々も、商店や街並みも、

 

形態的には、以前と何ら変わっていないのに、

 

自我を反映させて見るか(時空を横軸で見るか)、

 

神を反映させて見るか(時空を縦軸で見るか)で、

 

こんなにも世界が違ってくるのか、という事実は、

 

僕に新たな感慨をもたらしてくれた。

 

 

〝神〟という一つの解釈だけを通して世界を見ることで、

 

この幻想の世界も、全一なものとして解釈され、結果

 

何を見ても同じ一つの〝愛〟として感じられるのだろう。

 

f:id:shusaku1:20200304194103j:plain

 

じゃあ、どうすれば、世界が神の反映として見れるのか、

 

という話になるのだが、それにはまず、

 

意識を、いま、この瞬間に戻す、ことが重要になってくる。

 

過去でも、未来でも、妄想劇場の中でもなく、

 

いま、ここに在る平安を見るようにするのだ。

 

 

もうひとつは、絶対に自分を責めないこと。

 

悪いのは自分かも、自分が間違っているのかも、

 

と感じたら、即刻、いやいやいやいや、

 

神と同じ神の子である自分が間違ってるわけがない、

 

と食い気味に否定してやることだ。

 

例えば 

 

「あれ?ちょっと太ったんじゃない?」

 

と、ナイスバディから言われたとすると、

 

いやいやいやいや、お前がやせすぎなんだよ、

 

くらいの勢いでやっちゃっていい。

 

 

そして最後は、自分の全てを赦してやることだ。

 

赦しに慣れていないうちは、

 

赦しのなんちゃらステップ、なんかは一旦わきに置き、

 

「私は赦す、赦す、赦す。ただ全てを赦す、赦す、赦す。」

 

と、ひたすら心の中で唱え続けるだけでいい。

 

僕も初期の頃は、

 

次々と強烈な赦しの機会がやってくる会社の中にあって

 

まず認識し、決断の主体へ戻り、聖霊に明け渡し…、

 

なんて悠長なことなど、やってられなかった。

 

なので、逆に、ただ唱えるだけの方が、

 

シンプルで赦し易かったりするのだ。

 

 

とまあ、こんな感じで、今日も終わる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com