香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

か・み・さ・まぁーっ!

f:id:shusaku1:20200306103053j:plain

 

もう一か月以上出張してない。香港からも出てない。

 

お籠り大好きな僕としては、チョーハッピーなのだが、

 

ただ、一日中デスクに座って仕事をしているせいか、

 

夕方頃には足がふやけ、階段もまともに降りれなくなる。

 

これはヤバい、と思い、毎日弁当を買いに出たついでに

 

ウォーキングがてら、少し遠回りをして戻ることにした。

 

こうして、いまここに在る風景の中を歩いていると、

 

普段なら気にも留めずに通り過ぎるシーンの一駒一駒が

 

美しい芸術作品のように、色とりどりに息づいて見える。

 

消火栓の形、ビルのタイルの模様、道行く人々の流れ、

 

もう完璧に調和してここに存在している。

 

こういう状態はすでに数か月続いていて、その間、

 

毎日何度も数字のぞろ目を見る。

 

今思えば、この現象は、自分責めをやめたことと、

 

いまに抵抗しなくなった頃から始まったような気がする。

 

なので、周囲の人や風景が優しく愛に見えているときは、

 

ああ、ここに神が在るのだな、と思っている。

 

f:id:shusaku1:20200306102023j:plain

 

「この、あると思っている罪悪感を取り消して下さい。」

 

「どうすればいいか、今の私に解るように教えて下さい。」

 

「私には何も分かりません。あなたに全託します。」

 

「信じない。同意しない。存在しない。ゆえに罪はない。」

 

 

僕が昔、みぞうちの〝ドびゅんびゅん〟に襲われ、

 

赦しを実践する際、心の中で聖霊に叫んでいた言葉を、

 

過去の記事から適当にいくつか抜き出してみたのだが、

 

なんていうか、もう、いまでは、

 

「か・み・さ、まぁーっ!神さまあーぁっ!かみいぃーっ!」

 

の大絶叫だけで完結してしまっている。

 

 

こうやって過去の記事を読み返してみると、

 

その都度、聖霊に祈って赦しを実践していたころは、

 

個人の私が、聖霊に何かをお願いしているという感じで、

 

なんか、すごく必死、というか、かなりキツそうだ。

 

それでも、大気圏突破中の自分はよく頑張ってたな、

 

と、その頃の自分をとても愛おしく思えた。

 

f:id:shusaku1:20200306100100j:plain

 

例えば、

 

寝る、というのなら〝寝る〟だけでいいのに、

 

明日の朝早いから寝る、疲れないために寝る、

 

という解釈をいれてしまう。

 

それと同じく、神というなら〝神〟だけでよくて、

 

特に、僕みたいに単純な人間は、

 

すごく動揺した時や、悲しくてやりきれない時、

 

うまくいかなくてどうしようもない時など、

 

いちいち、心の中で祈りの言葉をつぶやき続けるより、

 

〝かみさ、まあああぁぁーーっ〟と絶叫していた方が、

 

ピーンと神の方へ戻っていきやすい。

 

 

それでも、ただひとつ断言できることは、何経由であれ、

 

必ず最後は神に行きつく、ということである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 blog.hoshitani-shusaku.com