香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

迷い道くねくね

f:id:shusaku1:20200312191350j:plain

 

今日は、在留届を出しに日本国総領事館へ行ってきた。

 

というのも、昨日領事館から電話があり、先日送付した、

 

天皇誕生日祝賀会への招待状が返送されてきたため、

 

その理由を知りたい、ということだった。

 

 

実は、去年引っ越しをして、

 

そのまま住所変更手続きを失念していました、

 

と伝えたところ、新型肺炎の影響もあり、

 

在留邦人の居場所を把握しておく必要があるので、

 

すぐに変更手続きをしにきてください、と言われた。

 

それで、今日、わざわざ総領事館まで出向いたのに、

 

結局、パスポートを忘れて領事館に入れなかった。

 

チャンチャン!以上!

 

というわけで、日本国民として、

 

自分って日本に護られてるわあ、と感じた一日であった。

 

f:id:shusaku1:20200312191441j:plain

 

閑話休題。

 

父が待つ天国へ永遠に帰還する旅は、

 

ひとりひとり微妙に違う、という話である。

 

 

奇跡講座には、様々な〝流派〟(笑)があるようだが、

 

実際、人それぞれ設定されているスペックが違うので、

 

Aさんがワプニック氏で全てが分かったからと言って、

 

ワプニック氏が唯一の正しい道かというとそうではない。

 

Bさんはにはゲイリーが合っているのかもしれないし、

 

Cさんは自分に訊くことで理解が起こったりする。

 

また、様々な教師から、

 

自分が納得する部分だけをチョイスし、自分の中で、

 

自分なりに消化してゆく人もいる。(👈 ボク)

 

大切なのは、どの教師が絶対的に正しいか、ではなく、

 

どれが自分のスペックに合っているか、なのだと思う。

 

そして、合っているかどうかを判断する基準は、

 

その教師の言っていることに心地よさが感じられるか、

 

愛と平安が感じられるかどうか、だと思う。

 

f:id:shusaku1:20200313190930j:plain

 

血液型で例を挙げるのもナンなのだが、

 

例えば、独創性が売りであるAB型の兄弟が、

 

ワプニック氏のやり方で、学校でお勉強をするように、

 

きちきちに理論を学んでも苦しいだけだし、

 

また、心の中に深いトラウマを持つ兄弟が、

 

デイヴィッドのコミュニティで、自分の内面をさらけ出せ、

 

と言われても、恐怖以外の何者でもないだろう。

 

 

まあ、これは、奇跡講座に限ったことではなく、

 

職場、パートナーシップ、友人関係、などにも言える。

 

要するに、自分に合った場所と雰囲気というものがあり、

 

またそれが、自分にとって100%だったからと言って、

 

他の人がやっていることは違う、という考えになるのは、

 

ちょっと乱暴すぎると思うのだ。

 

 👇 懐かしのアーカイブ。こんな時代もありました 👇

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕の場合、

 

今はもう、内なる神の実存だけになってしまったので、

 

誰かから何かを学ぶということは無くなってしまったが、

 

元来、器用にそつなく何でもこなせる性格だったので、

 

以前は、

 

デイヴィッド、ワプニック、ゲイリー、エッグタルト、など、

 

節操なく、どの教師からも、同時並行的に学んでいた。

 

なぜなら、

 

100%間違っている教師は一人もいないし、

 

また、100%正しい教師もいないと思うからだ。

 

なので、

 

「この教師が言っていることはいいなと思ったけど、

 

 あの部分にはちょっと違和感があるな」と、

 

各教師の中の、自分が真理だと思える部分を受けいれ、

 

自分なりに消化し、実践していった。

 

結果、最終的には、神だけやん、となった。

 

要は、このやり方が〝僕には〟合っていたのだ。

 

 

何を選ぼうと、最後はやっぱり、神だけやん(GOD IS)

 

となるので、それなら、自分にとって心地よいやり方で

 

学んでいくのが一番ではないか、と僕は感じている。

 

 

なぜなら、みんな最後には、どんなマスターも、

 

どんなコミュニティーも、どんなスピメソッドも、

 

必要なくなるのだから…。