香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の見えかた

f:id:shusaku1:20200323232624j:plain

👆 最近ヒマなので、レモンマティーニを作ってみた

 

うまく表現できるかどうかはわからないが、

 

いま、僕が見えている世界観を書き留めておこうと思う。

 

 

この幻想の世界と、神がいる実相の世界は、

 

ドーナツ状の筒のような次元で繋がっており、この二つは

 

その連結点で表裏一体となってくっついている。

 

 

解りやすく言うと、低次と高次が連結している、つまり、

 

今、見えている空間(現実のスクリーン)の裏側に、

 

神の世界(実相の世界)が重複していて、その光が、

 

スクリーンの向こう側から透けて見えている、

 

なので、何を見ても神に見える、というイメージだ。

 

 

それで、自分の背後(心の中/ドーナツの筒の中)には、

 

自己と他者の間にある葛藤、社会の中で感じる罪悪感、

 

民族、国家、戦争、地球、宇宙のカルマなど、

 

多種多様な次元があり、そのひとつひとつを赦すことで、

 

それは起こってなかったと気づき、間違いが訂正されて、

 

最後は、筒の中を全て赦して(一周して)天国へと至る。

 

 

心の中(背後の世界/ドーナツ状の筒の中)

 

を赦すことで、僕たちは、時空を消滅させてゆき、

 

最後は実存(神/天国)だけが残ることになる。

 

ずいぶんはしょって書いたが、赦しのメカニズムは、

 

大まかに言えば、まあ、だいたいこんな感じだろう。

 

f:id:shusaku1:20200323232632j:plain

 👆 仕事中に書いた。ラフすぎてすんません!

 

しかし、今の僕がやっているのは、上記のような、

 

背後のドーナツ状の時空を遡ってゆく方ではなく、

 

前方の空間から、ベールの向こう側に在る神へと、

 

直接、突き抜けてしまうやり方である。

 

自分が見ている空間(現実のスクリーン)の裏に、

 

神の国が連結されているのであれば、

 

わざわざドーナツの筒の中をさかのぼらなくても、

 

目の前にある現実のスクリーンの向こう側を透かせば、

 

そこにもう神がいるじゃん、という話である。

 

 

そして、そのスクリーンの裏側にいる神は、

 

いま、この瞬間に在り、いまに抵抗しないことで顕れる。

 

なぜなら〝現実〟のスクリーンを突き抜けるとは、

 

〝現にこうである〟という状態を直視する、ことなので、

 

過去や未来や頭の中の思考に惑わされず、

 

いま、この瞬間に抵抗せずにじっと在ることで、

 

現実のスクリーンが素粒子に解体されてゆき、

 

薄くなったベールの奥から実相の光が漏れだしてくる。

 

それこそ、僕がよく、椅子が神だったあー、と言って、

 

大泣きしたりしたり、神はもうここに在ったあーっ、と、

 

大騒ぎしているゆえんである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

最近は、空間(スクリーン)の裏側に天国の愛の想いが、

 

常に流れてているのを感じているので、

 

何を見ても、大好きーっ、が輝いている。

 

本当に周囲の人や物が、大好きーっ、

 

と、僕に向かって一斉に祝福をはじめるのだ。

 

 

そこはもう、

 

罪など、はなから無かった、知っている場所、

 

つまり、天国であり、本当の自分がいる場所である。

 

何のことはない。神の王国はもうここに在ったのだ。