香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

先ずは腹をくくるのだ

f:id:shusaku1:20200328022037j:plain

 

僕の〝香港生活をとことん楽しむ〟計画は続いている。

 

昨日は、1881ヘリテージに立ち寄ってみた。

 

ここは英国植民地時代に警察署だった古い建造物を、

 

改造して作られた高級ショッピングモールで、

 

造り物ではないホンモノのレトロ感が漂っている。

 

観光客がいないからか、歩いているのは僕一人。

 

明るい春の日差しの中、多幸感に包まれて過ごした。

 

f:id:shusaku1:20200328022034j:plain

 

そして、今日は、トレーナーとのセッションだった。

 

いつもは日曜日にセッションを入れているのだが、

 

今日の午後6時から、少なくとも4月12日まで、

 

香港中のジムが閉鎖されることになったため、

 

急遽、ぎりぎりでトレをすることになったのだ。

 

 

僕のトレーナーの生徒はすべて日本人なので、

 

日本へ帰国したり、休校で子供が家にいるため、

 

トレーニングどころではない、という人が多く、

 

結果収入が激減し、その上今回のジム長期閉鎖で、

 

本当に死活問題になりつつあるのだという。

 

f:id:shusaku1:20200328022041j:plain

 

こうして、

 

新型コロナは各方面に様々な影響を及ぼしているが、

 

これもまた消えてゆく姿であり、肉体の僕らとしては、

 

ここは抵抗することなく、腹をくくって、赦すしかない。

 

 

そうなのだ。

 

全ての赦しの局面において、腹をくくれば何とかなる。

 

故郷へ帰還するために、一旦〝赦す〟と決めたら、

 

コロナに感染しようが、職場で意地悪されようが、

 

理不尽な要求をされようが、死の病に侵されようが、

 

破産しようが、大切な何かを失おうが、四の五の言わず、

 

よし、上等じゃん、受けて立つ、と、

 

心の中で一旦、シャキッと腹をくくるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

えっ、俺のせい?OK!それでも俺は自分を責めない。

 

俺のことが憎い?わかった、それでも俺は君を愛す。

 

えっ、ガンですか?よっしゃ、病気上等、絶対に赦す。

 

給料これだけ?よしわかった、それでもちゃんとやる。

 

 

赦しどころが来た時、まずは心の中で、瞬間、腹をすえ、

 

覚悟を決め、思い切り、ふっ切ってみることが肝心だ。

 

〝よしっ、わかった、もういいっ、そこまで〟という、

 

この気持ちの切り替えが、心に軸を持たせるのだ。

 

この気持ちをシャキっとさせる一瞬がないと、

 

ドキドキ、あたふた、気持ちばかりが上ずったまま、

 

この間違った思いを修正してくださ~いっ、と、

 

モヤモヤしながら聖霊に〝お願い〟することになる。

 

なぜならそれを選択したのも自分なので、

 

そこは凛として吹っ切る必要があるのだ。

 

f:id:shusaku1:20200326002152j:plain

 

僕だって、毎日仕事をしていれば、いろんな人に出会う。

 

「コイツ、シバいたろか。」と思うような人にも出くわす。

 

しかし、僕には、絶対に兄弟をこんな風には見ない、

 

という〝覚悟〟というか〝決心〟が腹の底にあるので、

 

必ず最後は、やっぱり大好きーっ、となってしまう。

 

すると、これも至極当然な現象なのだが、

 

ボコボコにしたくなるような人は姿を消し、かわりに、

 

みんなどうしたんだ、というくらい、周囲が優しくなる。

 

これはもう、気持ち悪いくらい〝本当に〟そうなる。

 

 

なぜなら、僕が放った、大好きーっ、は、

 

神が僕を大好きーっ、という想いと同じものであり、

 

その神からの想いは、兄弟を通してやってくるからだ。