香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴といっしょ

f:id:shusaku1:20200328022049j:plain

 

明け方、キーンというものすごい耳鳴りで目覚めた。

 

大勢が一斉に和楽器の笙を吹いているような音がする。

 

最初は隣の住人が何かを鳴らしているのかと思った。

 

しかし、音は自分の内部から発せられている。

 

しばらく、音に耳を澄まし、耳鳴りが収まるのを待った。

 

と、眼前を光の粒子が、シュッ、と横切るのが見えた。

 

小さな光の玉が流れるような感じで、何度も見える。

 

ただ、これらの奇妙な現象に不快感は感じられない。

 

逆に、耳鳴りによって、余計に静寂が強調されてくる。

 

で、時計を見れば、4時44分のぞろ目ときた。

 

結局、眠いのもあり、気になりながらも、眠ってしまった。

 

が、目覚めても、笙を鳴らすような耳鳴りは続いていて、

 

再度、時間を見れば、またまた11時11分のぞろ目。

 

シャワーを浴び終えた頃にはだいぶ落ち着いたが、

 

一体あれは何だったのだろう?更年期障害?不思議だ。

 

f:id:shusaku1:20200328022101j:plain

 

香港は今日から、新型コロナ封じ込めの一環として、

 

ジムや劇場やプールの14日間の閉鎖に加え、

 

飲食店では、テーブルの間隔は必ず1.5メートル空け、

 

席の使用は50%までで、4人以上同席してはならない、

 

と、更に厳しい規制が設けられた。

 

その代償として、各市民に1万香港ドル(約15万円)が

 

支給されるということで、もうすぐ政府発行の小切手が、

 

個人あてに送られてくると思われる。

 

家庭用の電気代も、ここ数か月はタダになっているし、

 

さすが金融都市香港、我慢の見返りは〝現ナマ〟だ。

 

f:id:shusaku1:20200326002128j:plain

 

今、全世界で、

 

〝STAY AT HOME〟(家にいなさい)と叫ばれているが、

 

僕はこの標語を、我が家(心/内面/自己)に留まりなさい

 

という意味で捉えている。

 

スポーツ、旅行、仕事、夢の実現、お金儲け、など、

 

これまで外的な社会活動ばかりに向けられてきた意識を

 

いま一度、自己の内側へと戻すのだ。

 

 

例えば、

 

外の世界でこんなに頑張って成果を出しているのに、

 

自分はなんでこんなにいつも空しいのか?

 

なんで自分は同じパターンばかり繰り返してしまうのか?

 

この疎外感と無力感はどこから来ているのか?

 

この世界って、どうしてこんなに不公平なのだろう?

 

 

忙しく動き回ることで、見て見ぬふりをしてきた問いに、

 

いまいちど、一人静かに向き合ってみるのである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

僕も今日は一日、外出をせず、家でまったりと過ごした。

 

〝我が家〟にいることに抵抗するのを止め、

 

起こっていることを、起こっているままに見過ごしてゆく。

 

 

僕は普段から〝兄貴とひとつ〟という感覚が強いのと、

 

出会う全ての兄弟がJ兄貴そのものに見えているので、

 

意識的に兄貴に繋がろうとすることはないのだが、

 

今日はなぜか、聖霊兄貴を強く感じてみたいと思った。

 

 

僕の場合、聖霊兄貴と静かに向き合いたい時は先ず、

 

家のソファでゆったりコーヒーを飲む、といった、

 

小さな心地よさをきっかけに、ハートの悦を感じてゆく。

 

そこから、深呼吸と共にみぞおちの奥へ深く入ることで、

 

聖霊兄貴へとアクセスしてゆく。

 

 

僕は、兄貴に訊いて会話をする、という感じではなく、

 

すでに兄貴と自分はひとつだ、と感じながら、

 

神の満たされた感覚を兄貴と一緒に体験するという感じ。

 

その時、全ては肯定され、自分を責めるものは何もない。

 

 

自分を責めている時というのは、

 

自分の意識の中の内なる兄貴と離れている状態なので、

 

それは強烈な孤独感、分離感となって顕れる。

 

その孤独感を外側の他人といることで埋めようとしても、

 

原因は自分の中にあるので、結局、うまく行かず、

 

逆に分離感を強めるような状況を生み出してしまう。

 

そういった内的活動の〝カラクリ〟を、

 

〝我が家〟に強制待機させられている今のこの時期に、

 

リラックスした気持ちで(👈ここ重要!)見てゆくのだ。