香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分イジメ

f:id:shusaku1:20200330201554j:plain

👆 重曹は中国語で〝蘇打粉〟(ソーダ粉)という

 

最近、コロナの影響で出張も残業もないのをいいことに、

 

毎日、いろいろと謎なことをして遊んでいる僕であるが、

 

昨日はなぜか突然、そんなことなどしなくてもいいのに、

 

「香港特製ロイヤルミルクティーを作ってみよーう!」

 

と思い立ち、ミルク鍋で牛乳を温めたら、

 

どわーっと沸騰して、鍋の底が真っ黒になってしまった。

 

 

焦げた鍋底には重曹がいい、とネットに出ていたので、

 

早速、階下の薬局で重曹を買ってきて試してみた。

 

鍋に水と重曹を入れ、少し沸騰させてから放置する。

 

うーん、全然落ちない。で、チョイ姐にLINEをしてみた。

 

漂白剤を入れた水で試してみろ、と返信が来た。

 

やってみたら、本当に一発で真っ白になった。

 

さっすが、プロ、と感心しながらも、

 

部屋は焦げ臭いし、コンロは牛乳だらけだ、と告げると、

 

「明日私が来てやるから、もう全部置いといて!」

 

と、あきれ気味に言われた。 

 

ぎょ、御意っ! 

 

f:id:shusaku1:20200402003517j:plain

 

他者から、何か気になるようなことを言われた時、

 

同じようなことを、自分が自分に対して言っていないか、

 

自分の心の中をチェックするようにしている。

 

 

例えば

 

友人と話していて、突然「太った?」と言われたら、

 

普段から、太らないようにしよう、太らないようにしよう、

 

と、自分で自分をバシバシやっていたことに気づく。

 

また、ちょっとした仕事のミスを指摘されモヤモヤしたら、

 

日頃から、ミスをするかもしれない自分に恐怖し、

 

ダメだ、ダメだ、をやっていないかを見てゆく。

 

 

別に、太らないために食事や運動に気をつけたり、

 

ミスをしないよう、緊張感を持って仕事をすることが

 

悪いと言っているのではなく、

 

あくまでも目的は心の裏側の罪悪感に気づくことにある。

 

そして、

 

この罪悪感が唯一にして最大の問題となっている。

 

 

〝太る〟という事がらに罪悪感を投影し、

 

〝太ったらだめだ〟と、自分で自分を攻めることで、

 

それを強化するような現実が外界に映し出される。

 

〝お金〟というに事がらに罪悪感を投影し、

 

〝もしもお金が無くなったらどうしよう〟と、

 

自分で自分を恐れさせることで、

 

それを強化するような欠乏の現実を映し出す。

 

要は、まるでヤクザの恐喝のように、

 

自分で自分を怯えさせ、痛めつけている。

 

そして、その恐怖を強化するために、

 

「ちゃんとせんかい。おんどりゃ、こんどりゃ。」

 

と、自分に言ったのと同じことを兄弟に言わせている。

 

f:id:shusaku1:20200330201559j:plain

👆 新しいコーヒーカップと抹茶あんぱん

 

以前、

 

声が気持ち悪い、と言われてヘコんだことがあったが、

 

これも普段から、お前の声は気持ち悪いから注意しろと

 

自分が自分に発していた言葉を他者に言わせることで、

 

本当に自分の声は気持ち悪いんだと信じ込ませる。

 

 

そういう意味で、

 

他者から発せられる〝自分が言われたくない〟一言は、

 

もうやめてくれ、これ以上イジメないでくれ、という、

 

もう一人の自分から発せられたメッセージなのだ。

 

 

当然だが、他人の言動から、

 

心の中で自分が自分にやっていることに気づいて、

 

それを赦してゆくと、他者からの攻撃は止まる。

 

 

というわけで、

 

他人を赦すことで自分を赦すとはこういうことだったのか

 

と、感慨を新たにする今日この頃である。

  blog.hoshitani-shusaku.com