香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

僕の専属認知症専門医

f:id:shusaku1:20200330201511j:plain

👆 〝大押〟は質屋さんと言う意味

 

連日小雨が降り続き、少々肌寒い香港である。

 

そういえば、SARSがピークに達した2003年の4月も、

 

じめっと暗い天気が続き、気が滅入ったのを覚えている。

 

 

東京都の小池知事が発した自粛要請を受け、

 

うちの会社も、東京支社が一斉自宅待機を開始した。

 

日本では、先日の三連休やK-1で感染した人たちが、

 

来週月曜日辺りに、クラスターを起こすとの見方もあり、

 

予断を許さない状況だと元コンババ部長が言っていた。

 

5月まで全校の一斉休校が決定している香港だが、

 

日本の若い人たちのように、

 

学校が休校になったから街に遊びに出るなんて、

 

香港ではあり得ない。第一、絶対に親が許さない。

 

皆SARSを経験してウィルスの怖さを知っているのだ。

 

 

心のレベルと夢のレベルがあり、

 

夢のレベルを奇跡講座的に変えようとする必要はない。

 

心のレベルで肉体を見すごし、兄貴に一日を任せたら、

 

夢のレベルでは普通にしていなさい、ということである。

 

普通にマスクをし、普通に手洗いをし、外出を控える。

 

いま、この瞬間に在る神に抵抗するのを止めるのだ。

 

f:id:shusaku1:20200330201550j:plain

👆 ここはタバコ屋さん 

 

とまあ、そんな感じで、

 

ボク専属の認知症専門医である聖霊兄貴の指導の下、

 

加速的に正気に戻りつつある今日この頃である。

 

 

先ず、治療の第一段階である、

 

〝自分は今、神の内なる我が家(天国)にいながら、

 

 そこから追放された夢を見ている。〟

 

という自覚の回復が起きた。

 

それから、次のステップである、

 

〝神の存在、愛の存在はすでにここに在った〟

 

ということに気づいた。

 

そしていま、僕の優秀な主治医は更に、

 

僕が神と同じもの、すなわち霊(スピリット)そのものだった

 

ことを〝真に〟思い出させようとしている。

 

 

神の国は、いま、この瞬間に在る神に抵抗しないこと、

 

夢の世界に反応しないことによって思い出される。

 

要は、自分で考えるのを止めるということだ。

 

👇 ママリンフルバージョン。3分半から始まるよ。

  これが聖霊から見た〝あなた〟そのものだ! 

 www.youtube.com

 

例えば、

 

こんな体になりたい、とトレーナーにオーダーすれば、

 

トレーナーが組んだメニュー通りに筋トレをし、

 

トレーナーの指示通りの食事をしなければならない。

 

これと同じで、完治したければ、勝手にうろうろ徘徊せず

 

主治医に耳を傾け、身を任せることが絶対的に必要だ。

 

 

で、主治医に身を任せるとはどういうことかと言うと、

 

いま、目の前で起こっていることに抵抗しないこと、

 

いま、目の前に現れた兄弟に反応しないこと、

 

いま、目の前に湧き出す想いを見過ごすこと、である。

 

 

ああ、明日一日頑張れば、来週から5月にかけ、

 

清明節、受難節、復活節、釈迦の誕生日、労働節、と、

 

香港は怒涛の祝日攻めとなる。

 

明日も、がんばろうーっ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com