香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

水上ママチャリ

f:id:shusaku1:20200418013531j:plain

 

今日も会社は休みだったが、チョイ姐が掃除に来るので

 

朝11時くらいに外出をした。

 

近くのカフェで、張賢亮の本を読みながら朝食を取る。

 

いつも自分の小説を書く際には、事前に彼の小説を

 

2、3ページ読み、文体のトーンを味わってから書く。

 

カフェでは3密を避けるために、一つ置きのテーブルに

 

客を座らせている。

 

なのでゆったり書き物に集中でき、よい時間を過ごせた。

 

f:id:shusaku1:20200418013526j:plain

 

昨夜もまた、謎な夢を見た。

 

なぜか僕は、急用でマカオへ行かなければならなくなり

 

しかし、コロナで移動は禁止されているので、

 

フェリーやバスなどの公共交通機関は使えない。

 

そこで僕は〝水上自転車〟なるもので行くことにした。

 

これは僕の母が使っている、ただのママチャリなのだが、

 

海の上でペダルを踏むと水上をものすごい速さで進む。

 

それで、あっという間にマカオに着いたのはいいが、

 

なぜか、ママチャリで不法入国してきたことがバレ、

 

「このコロナ野郎!」とマカオの警官に追い回される、

 

というような夢だった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ベッドの上で目醒める。

 

ああ、これ全部起こってなかったんだあ、と思った。

 

僕はさっき、水上自転車ですごい距離を移動していたが

 

実際には、ベッドの上から一歩も動いていないし、

 

警官にも追い回されておらず、コロナ野郎でもなかった。

 

それによく考えてみると、なぜかマカオへ行き、

 

なぜか不法入境がバレ、なぜか警官に追い回され、と、

 

夢の中では全てが〝なぜか〟に支配されている。

 

だが〝なぜか〟夢の自分は一切疑問を持たない。

 

それに、夢を見ている間は、

 

夢を見る前の記憶が完全に欠落している。

 

そんなことを考えながらベッドでぼーっとしていると、

 

「もう一度目覚めなさい。」という声が聞こえてきた。

 

 

ああ、そうか、今も僕は、まだ夢の中にいるのだ。

 

そして、

 

この現実の夢を見る前の記憶は、全て失われている。

 

しかし、自分が夢の中にいるという自覚は持っている。

 

そして、この自覚を常に覚えていよう、と僕は決心した。

 

そうすることで、夢の中でも正気でいられると思うから。

 

f:id:shusaku1:20200418013540j:plain

 

カフェを出て、ヨガマットを買いに行った。

 

26日までジムが閉鎖(多分延長されると思われ)なので

 

トレーナーとのウェブトレも取り入れながら、

 

家で腹筋とかスクワットなどをやっていこうと考えたのだ。

 

 

大型のスポーツ用品店は人でごった返していた。

 

みんな、家でできる小さなダンベルやマットを探している。

 

結局、トレーナーにラインビデオをつなげ、

 

マットと、ストレッチ用のゴムチューブを選んでもらった。