香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

これでなくてもいい感

f:id:shusaku1:20200418013522j:plain

 

ここ数日、仕事をしていても、家で何やかやしていても、

 

どうでもいい感、というか、もう別にどうあってもいい感

 

が、心の根底にずっと流れている。

 

 

例えば、今夜は仕事帰りに、あそこのレストランで、

 

チャーシュー目玉焼きご飯を食べよう、と決め、実際に、

 

そのレストランでその通りのメニューを食べるのだが、

 

でも、だからなに、という感覚が常にある、みたいな…。

 

別に何を食べても、究極、何も食べなくても、

 

どこにも正解はなく、特別な意味もない、と思えてしまう。

 

だからと言って、虚無っぽく冷めているか、というと、

 

そんなこともなく、いま、この瞬間が楽しいのは楽しい。

 

うまく説明できないけれど、何を選択しても、

 

どれも違うけれども、どれも正しい、というような感覚が、

 

仕事や生活の衣食住全般に及んでいるのだ。

 

 

人には多かれ少なかれ、その人をその人たらしめている

 

固有の行動形態や嗜好、こだわりがある。

 

夜は必ずビールを飲むとか、銘柄は必ずキリンだとか、

 

病気になったら医者よりまずはこのヒーリングだとか、

 

この仕事をしているときが私は一番輝いている、

 

といった〝これをしてこそ私〟みないなのを持っている。

 

 

しかし、今日はあれやろう、あそこ行こう、という意欲は、

 

ちゃんとあって、それはそれでオーケーであるのに、

 

別にそれでなくてもよい、というような…。

 

要するに、よくわからない。

 

f:id:shusaku1:20200411232619j:plain

 

さっきも、WOWOWシネマやスターチャンネルで、

 

クラウド録画のあらすじを確認しながら、

 

見たい映画を探してちょっと早送りで見てみるのだが、

 

なんか、どれも違う。

 

すぐに〝別にこれでなくてもいい感〟が出てきて、

 

どれを見ても同じに思えてくる。

 

この感覚は、ただの一過性のモノなのかもしれないし、

 

今後、ますます大きくなっていくのかもしれない。

 

まあ、抵抗せず、このまま見すごしてゆくことにする。

 

 

で、今日もオフィスワークであった。

 

出張に出なくなって三か月近く、こんなにも長い間、

 

香港にいたことなんていまだかつてなかったように思う。

 

それだけ、僕たちは、普段、外に出まくることによって、

 

いかに自分の内側を見ずに来れたかを思い知らされる。

 

 

なので、この時期に、

 

しっかり自分の内面を見つめることで、

 

また以前のような外側中心の生活に戻ったとしても、

 

ブレブレにならずに神を中心に置けるよう、

 

練習しておくのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com